QLOOKアクセス解析
2017 / 05
≪ 2017 / 04 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - 2017 / 06 ≫
Page.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Page.208

JR有楽町駅周辺は鉄道撮影にうってつけ?


山手線が停まり、京浜東北線が停まり
東海道線や上野東京ラインが通り
スーパービュー踊り子が通り

そして

新幹線が通る。

JR有楽町駅は鉄道を見るのが好きな人には
たまらないスポットだと思う。

今回、向かったのは
JR有楽町駅の中央口から
徒歩1分の場所にある
東京交通会館

三省堂書店や
物産展の北海道どさんこプラザ
内科に歯科に耳鼻咽喉科と
なんでも揃ってる、“あの”ビルだ。

yu001.jpg


そんな東京交通会館の3階にあるのが
屋上庭園コリーヌ

コリーヌはフランス語で「丘」のこと。

花と緑が豊かな丘で
憩いの時間を過ごして欲しいという
コンセプトのようだ。

yu002.jpg


開園時間は10時~16時30分。
(夏季・冬季で変動あり)

閉園時間が早めなので
会社帰りに行こうと思うと
ガッカリするので、そこだけ注意。

yu003.jpg

yu004.jpg

確かに、豊かな緑の中に
色んな色の花が咲いていて
とてもキレイだった。

こんなところでブラックコーヒー飲みながら
時間を忘れて友達とお喋りできたら
最高だろうなあ・・・。


お、さっそく新幹線がやってきたぞ。

yu005.jpg

ムービーからのキャプチャなので
画質が粗いです。すみません。

yu006.jpg


植物の鮮やかな色と新幹線の共演が見れるのは
屋上庭園コリーヌだけかもしれない。


少なくとも都内では。
かつ、駅チカでは。


自然が多いから、スズメも集まる。

「スズメさん、目線こっち~」
「あいよ」


yu007.jpg


・・ってのは冗談ですが
カメラ目線頂きました。


新幹線が絶えず走ってるわけじゃないから
待ってる間は、近くのスズメに目がいってしまう。


そんな中
まだ生きてる虫を咥えてる
スズメを発見して
思わず目で追ってしまった。

yu008.jpg


草っぱらの中から
「ピヨピヨ」
って声が聞こえたと思ったら
子どものスズメが出てきた。


初めて見た。
エサやりの瞬間。
それも都会のど真ん中で。

自然豊かで
人ごみの喧騒から離れており
新幹線が見られる。


そんな条件なので
ご家族連れが多い。
そりゃ~子どもは楽しかろう。


私も楽しかったさ。

でも、でもね

真夏はヤバかった。

屋根がないから晴天だと
頭皮が焼けて痛い。

頭皮から
「ジリジリ」って焼けてる音がする
・・・気がする。

あれだ。
理科の実験でやった
黒い紙に虫メガネのレンズで
火をつけるやつのジリジリ感だ。


もう、ムリィィィ。


頭皮の日焼けってなめちゃいけないんだから。
紫外線の影響で抜け毛が増えるんだから。
秋は抜け毛が激しくなる時期なんだから。


「ハゲたくない」


たったそれだけの理由で
私は屋上庭園コリーヌを後にした。
でも、おばさんには深刻な問題なのだ。


真夏の暑さにすっかりやられて
ほかは散策せず、JR有楽町駅へ。

そして気付いた。
有楽町駅のホームも
なかなかの鉄道ビュースポットじゃないか!・・と。


それが冒頭に書いた鉄道たちだ。



走ってる姿が撮りたくて
全部、ムービーになってしまった。

キャプチャにしても
画像粗いし、いいとこ伝わらないので
動画だけです。


一時期は新橋~有楽町間を散歩してたんだけど
最近は行かなくなったなあ・・。
なんでも揃ってて良い駅なんだよなあ。
また行こうかな。

散歩してた当時、撮影した
東京スカイツリー。
頭だけ隠れてるのが面白くて
撮ってしまった。

yu009.jpg


それだけです。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
最後まで読んで頂き、ありがとうございます。


人気ブログランキングへ
次回は雑談になるかな?


応援のバナークリックや拍手ポチ、リツイートなど本当に感謝しています。
また、ぜひ遊びに来てください。
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト
Page.207

今回は東京の駅からピックアップです。
山手線の駅のひとつ「JR有楽町駅」。

愛用している『鉄さんぽ首都圏版』によると
鉄道ファン的に評判のビュースポットが
複数あるそうで

その中のひとつに行ってみました。


※オラ、散歩の達人シリーズが好きみてぇだ※

JR有楽町駅中央口からすぐの場所にある
東京交通会館の屋上庭園コリーヌです。



新幹線がよく見える場所として
人気みたいです。

庭園自体も緑や花々がイッパイで
すっごくキレイ。
それゆえに、スズメがイッパイ飛んできまして

途中、遠くの新幹線より
近くのスズメに気を取られてます。
スズメファン必見の
親スズメが子スズメに
エサをあげるシーンもあります!
(ちがうやろ)

有楽町駅ホームからも
在来線を撮りました。
電車をボーっと見るのって楽しいなと
今回、気付きました。

しっかし、鉄道を撮影するの難しいですね
絶妙な構図で撮影されてる方の動画
改めて、尊敬します。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
最後まで読んで頂き、ありがとうございます。


人気ブログランキングへ
次回はJR有楽町駅エピソード編・・・かな?


それとも一人旅出発して、旅先レポートかな?
ちょっと未定です。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Page.193

~橋と電車を眺めながら歩く東京散歩~


私は電車遅延があると、運行再開を待たず、歩くことが多いです。

ちょっと歩けば、別の路線の駅がある・・
それが東京のいいところだと思います。

そうやって、成り行き任せに歩いているときに
素敵な東京散歩コースを発見することがあります。

そんな散歩コースのひとつが「御茶ノ水駅~秋葉原駅」の駅間散歩。

ochasann001.jpg

学生の多い御茶ノ水駅。
流行発信地のひとつともいえる秋葉原駅。
(流行に疎いから、ただのイメージだけど)

どちらも若者が多いイメージの駅ですが
ふたつの駅を結ぶ道には、歴史を感じさせる
様々な名所があります。

例えば、湯島聖堂や神田明神。
これらの場所も大好きなのですが

御茶ノ水駅~秋葉原駅間を歩くなら
個人的に注目すべきは『橋』
そして、『鉄道遺産』です!

入場料も時間も気にせず
見たい時に、見たいだけ、見ることができるので
仕事や用事で立ち寄った際に、気ままに楽しめます。

天気や時間帯、季節によって
違った顔を見せてくれるから
何回言っても飽きないのも良し。

今回は、仕事帰りに歩いたときのものです。
夜の撮影なので、画像にちょっと難ありですが
どうぞ、お付き合いください。


散歩の達人の『鉄さんぽ首都圏版』を参考にしてます。

~御茶ノ水駅名物?聖橋~


御茶ノ水駅~秋葉原駅散歩の
最初のポイントは、神田川の眺めと聖橋だと思います。

御茶ノ水口改札を出て、右折すると、神田川が流れています。
まずは、お茶の水橋で神田川を渡りましょう。
どうでもいいけど、私は東京の川で
神田川が一番好きです。



お茶の水橋を渡りつつ、眺める神田川の景色が良いのですよ。
まぁ、たいてい混んでるので
ゆったり眺めるわけにはいきませんが。

程良い自然調和と静かな川の流れ
決して暗過ぎず、かといって
いかにも都会という感じの
ギラギラした明るさでもない
適度なオフィスビルの並び。

私にとっては、全てがちょうどいい。

お茶の水橋を渡り、右折して外堀通り沿いを歩くと
イヤでも特徴的な形をした橋が目に留まります。
それが聖橋です。

ochasann002.jpg

昼間に見る聖橋もいいけど
やっぱり夜の聖橋のほうが好きなのは
このオレンジの灯りのせいだろうか。

聖橋に昇って、橋の上から景色を眺めるのもいいけれど
私は聖橋と鉄道をセットで眺める方が好き。

ochasann003.jpg

横向きに走るJR線と縦に交差する丸ノ内線を
静かに眺める時間は本当に癒されます。
この場所のために
このルートを散歩してると言っても過言ではないくらい
お気に入りスポットです。
(動画からキャプチャした画像なので荒れててすみません)

春とか秋とか過ごしやすい気候のときは
いつまでも立ち尽くしていられます。

まあ、そういう訳にもいかないので
外堀通り沿いを歩きましょう。
(ちなみに真横には湯島聖堂がありますよ)

~存在感バツグン総武線松住町架道橋~


個性的な飲食店やビリヤード場を眺めつつ
秋葉原方面へ歩いて行くと
大きな交差点に差し掛かかります。

昌平橋交差点です。
ここも散歩で注目したいスポット。

昌平橋交差点の上にかかる緑色した大きな橋は
総武線松住町架道橋といいます。

ochasann004.jpg

写真見て「ああ、あれね!」って
思った人もいるのではないでしょうか?
   
鉄道や橋に関する知識がなくても
総武線松住町架道橋の放つインパクトは
多くの人が感じているはず。

実際、私も『鉄さんぽ』を読むまで
名前も知らなかったけど
何となくすごい、歴史がある橋なんだろうな・・と
感じていました。

昭和初期に設計されたという、総武線松住町架道橋。
オムレツを縦半分にカットしたような形は
タイドアーチ橋というらしいです。

上部の弧を描くような形状が「アーチ」。
その両端をタイで結ぶことで橋を支えてることから
「タイドアーチ」と言うそう。
これ以上、専門的なことは分かりません。



黄色い帯の上に「17」と書かれていますが
このあたりに架かっています。
その名の通り、総武線のためにある橋です。

結構、遠くからでも見ることができるので
蔵前橋通り付近からも見えたはず・・。
ギラギラとまぶしい秋葉原の中で
渋さで存在感をアピールしています。

ochasann005.jpg


昌平橋からながめる景色もいいです。
まあ、ここまでと同じく神田川なのですが
さっきと違うのは、レンガ積みの高架橋があるところ。

ここら辺にかつて、駅があったそうです。
その名は『万世橋駅』
東京駅が開業するまでは中央線の
ターミナル駅として活躍していたそう。

さらに、万世橋駅ができるまでは
仮の駅として昌平橋駅もあったのだそうです。
木造の駅もいいが、レンガ造りの駅も良い・・。

このエリアがかつては東京駅のようににぎわっていたのか・・。
正直、ちょっと想像できない。
タイムスリップして見てみたくなります。

写真からは分かりませんが
これらの高架橋に、今はオシャレショップがたくさん入ってます。
飲み屋やレストラン、雑貨屋さん。
鉄道グッズ専門店もありましたよ。

最後は写真の奥に見える橋・万世橋へ向かいます。

~電気街の奥に佇む万世橋~


御茶ノ水駅~秋葉原駅間散歩もクライマックスとなりました。
最後に見る橋は、万世橋です。



万世橋。元々は徳川将軍が上野にある寛永寺に詣でるときに渡っていた橋だそう。
まあ、個人的にはそんな歴史より
万世橋のそばにある肉の万世の方が大事なんですがね。

万世橋へ来るたび
初めて家族で秋葉原を訪ね、肉の万世に入り
その値段に驚愕したことを思い出します。
(埼玉の中でもド田舎のド庶民なので・・・)

ochasann006.jpg

石造りの堂々とした出で立ちに

ochasann007.jpg

オレンジの落ち着いた灯り。

派手派手しい秋葉原の電気街と
一歩距離を置いた場所で

この町が培ってきた歴史を届けてくれる万世橋が大好きです。

~そして、秋葉原駅到着~


そんな万世橋に背を向けて歩くと
目の前はにぎやかな電気街。

ochasann008.jpg

秋葉原駅前に到着です。
たぶん、秋葉原ラジオ会館が
建て替えられる前の画像だと思われます。
いや~。なつかしい。

ochasann009.jpg

こうして振り返っていたら
久々に、また歩きたくなりました。
時間があるときは途中でごはん食べたり
買い物したりしても良いかもしれません。



動画でまとめたものはこちら。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
長くなりましたが最後まで読んで頂き、ありがとうございます。


人気ブログランキングへ
良くも悪くも狭いスペースにいろんなものが密集した東京は


細い路地1本、ルートを変えただけでも色んな発見ができます。
またオススメの東京散歩コースを発見したら
駅間散歩としてアップしていきますね。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Page.192

~夜の東京散歩お気に入りコース~


今回は駅間散策の動画をyoutubeから投稿しました。
ちなみに駅は御茶ノ水駅から秋葉原駅です。

ぼんやりとした記憶になりますが
たしか、このエリアって夏目漱石の
『こころ』でも登場した気がします。

東京散歩の中でも
お茶の水駅から秋葉原駅の間は
私が好きなエリアのひとつです。

聖橋やお茶の水橋、昌平橋、万世橋など
歴史的価値が高く、景観も美しい橋が
たくさん見られるとともに

神田川沿いに立ち並ぶ
新旧様々な建築物と自然の調和が織りなす
景色も見られて、本当に心和むんです。
(東京を流れる主要の川で神田川が1番好き!)

~鉄道ビュースポットの宝庫~


鉄道ファン的には
御茶ノ水駅と秋葉原駅の中間にある
(いや、秋葉原駅寄りかな?)
昌平橋交差点上の緑色した
「総武線松住町架道橋」も見どころ。
その近くにあるレンガ積みの高架橋
「中央線旧万世橋駅ホーム」も良いですね。

それと鉄道ファンなら、きっと
御茶ノ水駅~秋葉原駅間のどこかで
お気に入りの鉄道ビュースポットが
見つかると思います。

ちなみに私は、聖橋付近が大好きです。
動画でも、ここからの撮影が多めになってます。



東京ドームで野球観戦した後は
毎回秋葉原駅まで歩いて帰ってます。
(時々、上野まで歩くけど)

もちろん、前回の記事で書いた
都市対抗を観戦したときも歩きましたよ。
(→都市対抗観戦エピソード)

夜の散歩で、若干景色が見えにくいかもしれませんが
良かったら見てやってください。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
最後まで読んで頂き、ありがとうございます。


人気ブログランキングへ
次回は御茶ノ水駅~秋葉原駅間の散策エピソードです。

応援に、お好きなバナーからクリック頂けると嬉しいです。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Page.190

~日の出駅・・独り身には危険な場所~


芝浦ふ頭駅で下車して
レインボーブリッジでウォーキングを満喫した後
ルンルン気分で降りた、ゆりかもめ「日の出駅」。
(芝浦ふ頭駅エピソードはこのリンクから)

時間も体力も芝浦ふ頭駅でたいぶ消耗してしまったから
日の出駅では、目的もなく軽く周辺を歩くことに。

これが独り身には危険すぎるアドベンチャーになるとは
思いもしませんでした・・・。

hinoe001.jpg

日の出駅は平成7年に開業したばかりの新しい駅。
大正時代に建設された「日の出ふ頭」がその名前の由来らしい。

駅周辺には青く広がる東京湾と
首都高速1号羽田線とオフィスビル以外
正直、これといってチェックしておきたい
名所や観光スポットはない印象。

見どころと言ったら
クルージングで有名な日の出桟橋くらいか・・
というわけで、軽い興味で行ってみることにした。

~日の出桟橋でクルージングを眺める~


日の出桟橋、シンフォニー乗り場に到着。
・・さっそく、はとバスの大群を発見。

hinoe002.jpg

どうやら観光客に大人気の様子。
キレイな服をまとってキャッキャと笑う人たちの声が
あちこちで聞こえる。

hinoe003.jpg

これまた優雅な船ですね。
まあ、私は乗らないで眺めるだけなんですけど。

後日、シンフォニーの料金や運行時間を調べてみたところ
「ランチ」「アフタヌーン」「サンセット」「ディナー」と
4タイプあるらしい。

タイプによって運行時間は違うけど
最短のアフタヌーンで50分、最長のディナーが150分とのこと。
乗船だけなら3000~4000円くらいでOKだけど
(アフタヌーンなら1500円)

お食事がつくと・・うんって感じです。
セレブの遊びだわ。私には無縁だったわ。
日の出駅からのクルージング・シンフォニーのHP

東京湾はレインボーブリッジからいっぱい眺めたし
別に日の出桟橋から改めてみる必要ないし
これ以上ここにいたら、場違い感ハンパないし(←本音)
早々、この場を立ち去ることに。

~突然の大量の風船に驚く~


これ以上、行き場がないな・・どうしようか?
そんなことを考えながら歩いていると
突如、大量の風船がフワフワ飛んできました。

風船の出どころへ向かって
歩を進めていくと
ホテルのそばにあるフレンチレストランに到着。

hinoe004.jpg

多分、イヤ絶対、結婚式の二次会だと思う。
個人の誕生日で、ここまで大量の風船飛ばすわけないもんな。

またしても、幸せオーラ・プンプンの予感(笑)
そしてレストランの横を見てみれば、大きなホテルが。
「インターコンチネンタル東京ベイ」でした。



5000円以上のホテルに泊まることが贅沢な私には
プンプン漂う、高級ホテル感
人生1度でいいから泊まってみたいね、こんなホテル。

ホテルの隙間をぬうように
ブラブラと歩いていたら
今度は素敵なビュースポットが現れました。

竹芝小型船ターミナルです。

~デートに◎竹芝小型船ターミナル~


都会のオアシスとでも言うべき
自然が調和した美しい庭園。
それが「竹芝小型船ターミナル」。

hinoe005.jpg

きれいな石段を昇っていくと
東京湾を見渡せるビュースポットが広がります。

至る所にベンチも設置されているので
ゆったりした時間を過ごすのにピッタリ。
そして、人が多すぎないのも良い!


ここ・・めちゃめちゃデートにピッタリじゃん!


それが1番の感想です。
本当、独りでいるのがもったいなくなりました(笑)

全体的に、アレですね。
日の出駅は、いわゆる「リア充」のための駅ですね。
独りでプラプラ歩くと
ちょっと虚しくなるかもしれません
逆に言うと、東京観光にはピッタリです。



竹芝小型船ターミナルからの東京湾の眺めは
動画からチェックしてみてください。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
最後まで読んで頂き、ありがとうございます。


人気ブログランキングへ
「リア充」と程遠い位置にいるせいか、「充」という字が単漢字で変換できない(´・ω・`)


「充実」と入力した後、「実」を消すという作業が必要な自分に、さらに虚しさ募るのでした。
このエントリーをはてなブックマークに追加

かのえかな

Author:かのえかな
在住地:埼玉県
年齢/性別:腰痛持ちのアラサ―女性(独)
旅行以外で好きな物:野球観戦、音楽(ジャンル問わず、懐メロ系)、読書

【旅先で注目するもの】

→ご当地マンホール、百貨店、スーパーマーケット
→食べ歩きできるご当地グルメorB級グルメ
→地方紙の新聞社の本社
→町に住む猫
→神社やお寺、公園、庭園

【電車旅にハマったきっかけ】

→パニック障害の治療の一環で電車に乗る練習をしたことから。(今も新幹線は苦手・・・)

【旅のコンセプト】

→お金をかけない。
→駅を基点に歩ける範囲で。(例外あり)

【ブログ運営の目的】

→大型観光地のみならず、身近な場所にも楽しめる場所があることを自身が感じつつ、伝えたい。
→駅を基点に、その地域ならではの「普通」を堪能しつつ、伝えたい。
→パニック障害や心の病で外出が困難な方に、近場からでも
外に出る楽しさを取り戻して頂けたら・・・。

【夢や目標】
→一生かかってでも、日本中の駅を訪ね、散策してみたい。
→コミュニケーション能力を磨いて旅先の方との会話から
地域の情報を得られるようにしたいです。

動画、ブログ、共に探り探りの状態での更新ですが
よろしくおねがいします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。