QLOOKアクセス解析
2017 / 10
≪ 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2017 / 11 ≫
Page.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Page.205


奈良市にある、小さな水の都の駅


近鉄奈良線の駅、菖蒲池駅(あやめ池駅)は
大正時代に開業した駅だ。

ayamen000.jpg

菖蒲池駅は地上駅で
ホームと改札をつなぐ階段は、段数が少ない。
改札口は横広くて開放的な造りだ。

階段が多くて、改札がせせこましい
都内の地下鉄ばかり乗ってると
こういう改札は珍しく感じて、通過するとき、ワクワクする。

タンタンタンッとリズミカルに階段を駆け下りて
パンッと改札を出たら、もう目の前は外というl小気味よさは

仕事で疲れた体で通ると、改札を境に

「地元帰って来た―!」

と身も心も開放されて気持ちよさそうだと
勝手に妄想してみたり。

菖蒲池駅の改札口は1番・2番のふたつ。

そのどちらにも、美しく大きな池があることから
勝手ながら「水の都」と表現させてもらった。

まずは、あやめ池のある2番改札から散策スタートしよう!

~あやめ池遊園地跡を整備~


元々は、あやめ池遊園地への出入り口だった2番改札。
今はあやめ池遊園地跡が住宅地に変わっているそうだ。

そのこともあってか、駅前は非常に洗練されている印象。
いかにも、キレイで新しい街という感じ。

ayamen0012.jpg

ayamen003.jpg

道路はきれいに整備され、駅前には
ガラス張りのおしゃれなレストランや
大きなスーパーもあった。

ayamen002.jpg

駅前の横断歩道を渡れば、すぐにあやめ池だ。

「ゆたかな水と緑のまち」への取り組みとして
自然豊かな遊歩道が整備されている。
取り組みからして、私が水の都と思ったのも
けっこう当たってんじゃないかとニンマリ。

ayamen004.jpg

ayamen006.jpg

池にたくさん浮いている丸い葉は、スイレンだろうか?

過度に人の手入れが行き届いてないからこそ
豊富な種類の植物が共存し合っている。
あやめ池には、そんな印象を受けた。

~日本最古のダム・蛙股池へ~


ayamen007.jpg

駅の下をくぐって、1番改札へ出る。
2番改札とはうって変わって
今度は昔懐かしい商店街のお出ましだ。

ayamen008.jpg

名前は、あやめ池商店街
ちょっとシャッター商店街になりかけているが
まだまだ、現役!

この駅、改札ごとに
全く正反対の顔を見せてくれる、面白い街にあるなあ。
しかも、どっちの顔も美しい。

正直、こんな街に住みたいと思いました。

商店街をまっすぐ歩くと、細長い橋が見えてくる。
名前は「あやめ新橋」だ。

ayamen009.jpg

ayamen010.jpg

この名前を名乗るなら
あやめ池にかかるべきだと
個人的には思うのです。

だって、かかってる池の名前は「蛙股池」だもん。

kaerumataike.jpg

駅名でもある「あやめ池」に対して
地味な印象の蛙股池(かえるまたいけ)。

実は、なにげにスゴイやつだったりする。
なんと“日本最古のダム”なのだ!

言い伝えによれば
造られたのは推古天皇の時代。
当時は菅原池と呼ばれていたそうだ。

こんなスゴイPRポイントがあるというのに
私が見た限りでは
池の歴史を伝えるような
立て札的なものは周囲に見つからなかった。

知らなければ本当に、ただの田舎らしい池である。

~蛙股池の守護神・あやめ池神社~


あやめ池新橋を渡り切ったら、目の前には小さな神社がある。
蛙股池の守護神として祀られた、あやめ池神社だ。

現代では、神社入り口に並ぶベンチが
平日の昼間を持て余すオジサマの憩いの場となっている様子。

ayamen011.jpg

オジサマの視線を浴びつつ鳥居をくぐる。

ayamen012.jpg

ayamen013.jpg

あやめ池神社は
菅原道真が祭神の“菅原天満宮”の末社だそう。
末社というのは・・本店に対する支店のようなものですかね。
(なんて下衆い説明だ)

あやめ池の主祭神(メインで祀られてる神)は
市杵島姫命(イチキシマヒメノミコト)のというらしく
ここからとって、正式名は「市杵島姫命神社」というらしい。

うん。こりゃ、時代を超えて
正式名が浸透しないわけが分かる。
口に出して言ってみたら、舌噛んだ。
(と思ったら似た名前の神社が実在した。失礼しました)

市杵島姫命は弁財天ともいわれるらしく
小さな石が祀られる横には
「弁財天」と書かれた立て札があった。
ayamen015.jpg

ayamen014.jpg

鮮やかな朱色がまぶしい。
これは、倉か何かか?素人には分からんぞ。
でもキレイだ。新しそうだな。

ayamen016.jpg

蛙股池の周囲も歩道が整備され
ゆったり散歩を楽しむことができる。
電柱の札を見る限り、この辺は地名も「蛙股」なんだな?

ayamen017.jpg

近くには小学校もあった。
子どもたちが育ててる花壇も道路沿いにあって
ちょっと、ほのぼのした気分になった。

ayamen018.jpg

そんなこんなで楽しんだ菖蒲池駅。

奈良市にある駅なので
観光中心地からも、わりとすぐに行ける。

「奈良観光。ベタな所は飽きたかも~」

ってときは、歩いた見たら楽しいかもしれない。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
最後まで読んで頂き、ありがとうございます。


人気ブログランキングへ
久々に東京より南の地域をピックアップしました。


このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト
Page.204

~奈良の穴場的な観光地、発見!~


奈良の観光といえば
奈良公園や東大寺・・。

ベッタベタの観光地で
海外の人にも人気のスポットです。

でも、ここだけ見たら
奈良の魅力は堪能したと思ったら
大間違い

近鉄奈良線を途中下車した駅で
すごく素敵な町を見つけました。

それが菖蒲池駅(あやめ池)!!

菖蒲池駅は元々、近鉄が作った
あやめ池遊園地の玄関口として造られた駅。

今は閉園してしまっていますが。

遊園地はなくなっても、菖蒲池は健在。
遊歩道が整備されていて
これが、なかなかキレイなのですよ。

あと、もうひとつ大きな池(蛙股池)があるのですが
これもまた、いい感じ。

細長い橋で池を渡った先に
小さな神社が待っているのですが
特別な場所に行く感じで、ワクワクさせられます。

ふたつの大きな池に包まれて
菖蒲池駅の周辺は
まるで奈良の小さな水の都!?って感じでした。



ここまで言ったら、地元の方には
大げさって笑われるかもしれませんが
本当に素敵な町です。

動画でそれが、少しでも伝わればと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
最後まで読んで頂き、ありがとうございます。


人気ブログランキングへ
最近、地味にブログをいじってます。


カテゴリー欄の都道府県をなるべく、北から南へ並べ替えたり
ブログタイトルのサブタイトルや説明文も
新しくしてみました。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Page.12

一時代を築いただけあって
奈良は見所が多い。
奈良駅はもちろんのこと
今回の大和西大寺駅にはあの
平城京跡が近くに


“効率良く廻らないと全部見れないぞ"
と、鼻息荒く駅に降り立つ。


まずは、何と言っても
駅名にまでなってる
“真言律宗総本山西大寺"
見るべきだろう。


316b1.jpg


西大寺は南口からすぐ。
案内板も立ってるから
嫌でも迷わず着ける。


グーグルマップで見た限りでは
それほど大きくはなさそうだ。
30分以内で出てこれるだろう


・・・なんて思ってた時が
私にもありましたさ(´・ω・`)



甘かった。

広かった。

そして、美しかった。


338bb2.jpg


豊かな自然に囲まれた寺院。
木造ならではの味わいと
鳴り響く鐘の音。


観光客が多すぎないから
じっくり雰囲気を味わえる。
こういう場所が好きな人にはうってつけだろう。


おまけに、猫まで見つけてしまったものだから
猫好きの私は思いの外、長居してしまった。


・・・1時間半居座りました。

350bb3.jpg


途中で平城京跡へ行くことは諦めました。
この駅ならではの散策をするため
西大寺に全てを託しても良いはずだ!!
と思ったのです。


大和西大寺駅に割り振った時間は2時間。
さて、残りの30分をどうするか?


そこて、行きの道で見つけた
“歴史の道"と言う案内板を思い出したのです。



317bbb4.jpg



ここならではの散策のためだ!!
この“歴史の道"ってやつを歩いてみようじゃないか。


目的地は“秋篠寺"と言う場所。
下調べの時、見たような見てないような名前。
グーグル先生で調べてしまえば
距離も概要も分かるけど、そこはあえて
何も知らない状態で“歴史の道"に身を委ねようではないか。


さっそく、矢印通り歩き出す。
はっきり言って普通の住宅地。


わざわざ奈良来て、なんで住宅地を・・・とも思うが
いやいや、そこは楽しまなきゃ!!と
自分を励ましつつ、歩を進める。

368bb5.jpg



“ここ歩くの?"ってくらい細い道を歩いたり
“これで合ってる?"って不安になるくらい
なかなか案内板が出てこなかったり。


この道の複雑さは
歴史の複雑さ・・・いや
人生の複雑さそのものだ!!

と、訳分からない悟りを開いてしまうくらい
ひたすら歩いた。


タイムリミットが迫ってくる。
いよいよ、ただの原っぱみたいな所に差し掛かった所で
不安がピークに達した。


「秋篠寺に着けたとして、
大和西大寺駅に帰れるのは何時だ!?」



そう思うと、自分の今居る場所がどこなのか気になる。
とうとうグーグルマップを見てしまった。


なかなかに駅から離れてしまってる上に
グーグルマップ上に秋篠寺が見つからない。


これは・・・無理じゃね?
ってか、グーグルマップにないって
秋篠寺は幻だったのか?

375bb6.jpg


近くにおられたお地蔵様を見て

「君が思えばそこが秋篠寺なのだよ


と現実逃避をしつつ、お地蔵様にお参りをして
おとなしく、駅へ引き返すことにした。



歴史の道は長く険しかった。



結局、予定してた電車にも間に合わず
次に向かった奈良駅は中途半端にしか散策できなかった。


秋篠寺まで、あとどれくらいだったのか分からないけど
こんなことなら、最後まで歩けばよかったと
今では少し後悔している。


↓今回の散策をまとめた動画です。よかったら見てみてください。




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
最近の出来事で記憶が割と残ってるので饒舌になってしまいました。

にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ
にほんブログ村
最後まで読んで頂き、ありがとうございます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Page.11

こんにちは。かのえかなです。


今回は奈良県の大和西大寺駅
散策した時の動画です。


初めてムービーと写真を組み合わせた動画を
作ってみました。
動きと音で、町の様子がよりいっそう
伝われば、幸いです。




なんか、サムネが不穏な感じなので変更したのですが
まだ反映されてないようです(´・ω・`)

よかったら見てやってください。
眠くてたまらないので、この辺で・・・。
おやすみなさい

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
もっと色々書きたいのだけど、頭が働かない。

にほんブログ村 旅行ブログ 国内一人旅へ
にほんブログ村

エピソード編でじっくり書かせていただきます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

かのえかな

Author:かのえかな
在住地:埼玉県
年齢/性別:腰痛持ちのアラサ―女性(独)
旅行以外で好きな物:野球観戦、音楽(ジャンル問わず、懐メロ系)、読書

【旅先で注目するもの】

→ご当地マンホール、百貨店、スーパーマーケット
→食べ歩きできるご当地グルメorB級グルメ
→地方紙の新聞社の本社
→町に住む猫
→神社やお寺、公園、庭園


【旅のコンセプト】

→お金をかけない。
→駅を基点に歩ける範囲で。(例外あり)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。