QLOOKアクセス解析
2017 / 06
≪ 2017 / 05 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - 2017 / 07 ≫
Page.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Page.278

青春18きっぷ東北旅の最後のエピソードが
全然旅行らしくないのが恐縮ですが

いや、それ以前に更新が止まりまくってることに恐縮ですが
備忘録的な感じで今回は
新潟駅や周辺の駅で忘れ物・落とし物した時の対処法を書こうと思います。

ちなみに私が忘れたのはデジカメです。
これまでの旅の記録がいっぺんに消えたと思って
血の気が引きました(笑)

村上駅から終点の新潟駅へ向かう
白新線(羽越本線からの直通と思われ・・)の車両の中に
置き忘れてしまったのでした。

新潟駅で20分くらい待ち時間があったので
CoCoLo新潟のマツキヨによったりして
その後電車に乗って、大沢駅に到着。
→カメラないやん!というわけです。

なのではじめはCoCoLo新潟の
インフォメーションに問い合わせました。
でも見つからず。

そこでJR東日本忘れ物お問い合わせセンターに確認。
ちなみに連絡先は下のリンクから。
参考:お忘れ物についてのお問い合わせ(JR東日本)

この時点ではデジカメを

①村上駅
②新潟駅
③電車の中

のどこで落としたか分からずといった感じで
事情を話したらスタッフの方が

新潟駅周辺の忘れ物情報は新潟駅を経由して
こちらに定期的に入ってくるようになってるから
ここより新潟駅の忘れ物センターに
問い合わせた方が早いよ。


と案内してくださったのでした。
新潟駅の忘れ物センターはこちらのリンクから。
参考:のりものガイド

・・んで、新潟駅の忘れ物センターに問い合わせたら
本当にあったのです!

かといって新潟駅に引き返してたら予定がめちゃめちゃになる。
ということで相談したら、地元の最寄り駅で
忘れ物受け取りの手続きをしたら
着払いで送ってくれることになりました。

本人確認をきちんとするために
電話での受け取り手続きはNGみたいです。

ここまで約20分間。平凡な私の人生の中では
かなり波乱万丈な時間でした。
旅好きにとって写真が全部パーになるのは
おそろしすぎる・・・(震)

oosawa1.jpg

安心したところで駅散策。
といっても撮影はガラケー&スマホで
しかも雨天でさらに夕方で薄暗いので
ろくな写真撮れてませんが。

大沢駅の駅舎は、いかにもコンクリートって感じです。
無機質でどこか寂しげ。
木造駅舎や瓦屋根の駅舎みたいなローカル感はないけど
こういう雰囲気もそれはそれで好みっす。

oosawa3.jpg

窓口はあったけどシャッター閉まってます。
(写真ほとんど映ってないですね・・)
現在は使われていない模様。
薄暗さのせいでちょっと怖いっす。

個人的に窓が丸角なのがツボ。
駅舎の窓であんまり見たことないから。
誰にも共感されないだろうけど宇宙船ぽいと感じたのでした。

oosawa2.jpg

無人駅なので遅延情報は
駅備え付けの電話で問い合わせることになってます。
これは初めて見ました。

まあ今はネットで調べられるから
使う人あまりいないだろうな・・。

oosawa4.jpg


駅周辺は広々とした田畑と
ぽつぽつと点在する民家のみ。
もう少し遠くまで行けば大沢温泉というのがあるらしいけど
時間がないので周囲をちょろちょろ歩くくらいしか
できませんでした。

大沢駅エピソードはこのくらいです。
旅に慣れ過ぎて
逆に忘れ物とか時間のミスとかするように
なっちゃってる昨今。

もうちょっと気をつけなきゃな~。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
最後まで読んでいただき、ありがとうございます。


人気ブログランキングへ
現在、佐久島動画を作成中です。


拍手や応援クリック等々・・いつもありがとうございます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト
Page.277

ひっさびさのYoutubeからの動画投稿です。
やっと終わりました青春18きっぷ東北旅。
さいごの駅は新潟県にある大沢駅(上越線)です。

さいごの駅だというのに1番クオリティーが低いです。
なぜなら、大沢駅到着時にカメラを紛失してしまっており
スマホで撮影したからです。



しかも天候は雨で、時は夕刻・・・と
さびしげな無人駅がさらに寂しげに映る結果となっています。
ただ、駅舎巡りが好きな自分としては
こういう駅を独り占めする時間はけっこう幸せだったりする(笑)

カメラを落としたショックで大した散策してませんが
よかったら見てやってください。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
最後まで読んでいただき、ありがとうございます。


人気ブログランキングへ
つぎは大沢駅の散策エピソードの予定です。


拍手や応援クリック等々・・いつもありがとうございます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Page.212

nitu01.jpg

「鉄道の街」と呼ばれる新津の

新津駅

に降りたのは
乗り継ぎの都合からでした。

なので滞在時間は30分ほど。

それでも、駅構内外問わず
鉄道関連の歴史的な展示物が見られる新津駅は

ちょっとした社会科見学気分を味わえて
駅周辺だけでも充分楽しむことができます。


新津駅、開業は明治30年。
なかなか長い歴史を持っていますね。

駅周辺を見る限りでは
人はまばらに歩いている程度ですが
1日の乗車人員は約4.200人と
結構、多いです。

やっぱ、乗り入れ路線が3つもあることが大きいのかな?
(ちなみに信越本線、羽越本線、磐越西線)

駅舎は、こんな感じ。
ぱっと見だと、どっちが何口か分からない。
そう思うのは、初見のせいでしょうか?

nitu02.jpg

nitu03.jpg

ちなみに下が市街地につながる東口。
ちらっと見える

日本海庄や

が目印です(笑)

西口にはSLの主動輪が展示されています。



nitu04.jpg


主動輪・・といってもピンときませんよね。
私もイマイチ分かってません。
すごくおおざっぱに説明すると

車輪の一種

ってことです。
(見りゃ分かる)

実際に見ると、かなり大きくてビックリします。
車輪だけでこの大きさなんだから
SL全体となったら、どんな迫力になるのか・・。

ちょっと興味が湧きますね。

・・と、まあSLの車輪も良いのですが
個人的に面白かったのが
東口にある資料館

「ていしゃば」

です。

nitu05.jpg

「ていしゃば」は新津の名所のひとつ

新津鉄道資料館

の分館。
分館といっても、かなり見ごたえあります。
私、分館といわれるまで気付きませんでした(笑)

こちらで見られるSLばんえつ物語の
ヘッドマークが素敵なのですよ。

こちらは1999年バージョン。

nitu07.jpg


SLばんえつ物語のキャラクター

オコジロウ

が描かれています。
かわいい・・。

実は、こちらのオコジロウくん
彼女のオコミちゃんと結婚したらしく
新津駅構内には祝福のメッセージが
溢れておりました。

nitu13.jpg


愛されてますね~。
SLばんえつ物語もオコジロウ達も。

つづいて2006年バージョン。
色彩が美しいことはもちろん
文字のフォントがレトロチックで
素晴らしいです。

nitu08.jpg


いつも思うのですが
ヘッドマークってなんでこんなに
センスがいいものばかりなのでしょう?
いつも同じデザイナー(企業)が考えてるのでしょうか?

レトロな愛嬌とやさしい色使い
いくら見ても飽きが来ないから不思議です。

そして最後は2009年バージョン。

nitu09.jpg


個人的にはこれが一番見覚えあります。

・・というか
私がうっすら写り込んで台無しになってますね。
申し訳ございません。

ていしゃばは食堂も兼ねてるようで
個性的なメニューも目立ちました。

nitu10.jpg


なにこのチャーハン!!
可愛すぎるんですけど!
これは、お子さんが食いつきそうですね。
家族連れで遊びに来ても楽しめそうです。

とまあ、色々見てきましたが
私が新津駅で1番好きなのは
こちらのステンドグラスです。

nitu11.jpg


運良く、天候にも恵まれたこともあり
ステンドグラスがキラキラ輝いて
本当に綺麗でした。

鉄道愛に溢れてますね~。
大き過ぎて写真1枚に収めきれなかったのが残念。
でもムービーでしっかり記録しましたよ。

あと、改札を出てすぐの場所には
ちょっと変わったオブジェもありました。

nitu12.jpg

最初見たとき、なぜか

レンコンのはさみ揚げ

が食べたくなりましたが

鉄道愛溢れる、この流れからすると
おそらく、車輪なんでしょうね。

短い時間でもこれだけ楽しめる新津駅。
みなさんも降りる機会があるときは
ぜひ駅探検をしてみてください。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
最後まで読んで頂き、ありがとうございます。


人気ブログランキングへ
次回は雑談か、新しい駅紹介か・・迷い中です。


応援のバナークリックや拍手ポチ、リツイートなど本当に感謝しています。
また、ぜひ遊びに来てください。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Page.211

鈍行で鉄道旅をしていると
乗り継ぎのために
数十分~1時間以上、駅で
次の電車を待たなきゃいけないときが
ありますよね。

今回投稿した新津駅も
そんなシチュエーションで
下車することが多い駅です。

「鉄道の街」

と呼ばれる新津にある
こちらの新津駅は
駅前や駅ナカに
鉄道の歴史に触れられる
さまざまな展示物や資料館があるほか

駅構内のステンドグラスや
オブジェも鉄道をモチーフにしたものが
沢山あって
苦がなく、時間つぶしをすることができます。



鉄道に詳しくない人でも
昔の鉄道に使われていたヘッドマークや
(鉄道の先頭についてる丸い看板)

SLの主動輪(車輪の一種)を見るのは
新鮮で楽しいと思いますよ♪
よかったら、動画で新津駅の様子を
チェックしてみてくださいね。

※カテゴリー振り分けについて・・新津駅は、信越本線や磐越西線も乗り入れてますが
 今回は新津が起点である羽越本線にカテゴリーを振り分けることにしました。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
最後まで読んで頂き、ありがとうございます。


人気ブログランキングへ
次回は新津駅エピソード編の予定です。


応援のバナークリックや拍手ポチ、リツイートなど本当に感謝しています。
また、ぜひ遊びに来てください。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Page.141

こんにちは。かのえかな です。
風邪ひきました\(^o^)/


でも正直言って、今までよく風邪ひかなかったな~
という状況だったんですよ。
11月下旬から職場の両隣の同僚は咳をしまくってたし
家族も私以外全員、1カ月以上前から風邪ひいてたし。

何度周りに“病院行け!!”と言ったことか。
誰ひとりとして行かないんですよね。
そんで、こじらせて伝染されたという

まあ、愚痴っても仕方ないので
本題のエピソードに行きましょう。

uonoma1.jpg


“魚沼丘陵駅”は北越急行ほくほく線の駅。
【ほくほく】という面白い路線名に惹かれて
思わず乗車してしまったのが
この駅を下車したきっかけです。

ちなみに、新潟出身の鉄オタの友人に話したら

「わざわざ埼玉から、ほくほく線乗りに行ったの? 渋いチョイスだな~」

と笑われました。
渋いのか・・・う~ん、基準が分からん。

uonoma2.jpg


駅の開業は1997年と比較的できて間もない感じです。
そのためか、出入り口へつながる階段は
コンクリートのうちっぱなしだったりと
現代的なオシャレな造りだったりします。

uonoma3.jpg

ホームから見た出入口の階段。
要するに、外へ出るにはちょっと歩くってことです。


uonoma4.jpg


出入口正面はこんな感じです。
看板もまだまだ新しいですね。

uonoma6.jpg


駅の周囲は、田んぼ・田んぼ・そして、田んぼ
私が訪問した時にはすでに稲刈りが終わってしまってたのですが
黄金の稲穂があたり一面を彩っていた時期なら・・・と
妄想すると、米好きの私にはたまりません


徒歩圏内で目立った観光スポットはないので
気ままに歩いてみることにしました。

しっかし、10月とは思えない青い空だ。
はっきり言って、夏のように暖かい。というか、暑い・・・。

uonoma5.jpg


変わった形の木があったので
そこに近付くように細い路地を歩いてみました。

すると、きれいに2つ並んだ大木を発見。

uonoma7.jpg


今度は、2本の木に向かって歩いてみる。
近くまで来ると、木の奥に小さな鳥居が見えた。
ああ、この大木は神社へ続く門の役割を果たしてたんだな。

大木の門を通り、鳥居をくぐると
広い空き地(と言っていいのかな?)の中に
ポツンと小さな神社が・・・・。

uonoma8.jpg


賽銭箱も、鈴もない。
あたりをぐるりと見渡したけど、名前も分からない。

とりあえず、参拝を済ませて帰ることに。
後でグーグルマップで検索してみたけど
やっぱり名前は分かりませんでした。

uonoma9.jpg


なかなか綺麗な場所だったのだけど
マニアックな場所だったのかな?


田園風景を囲むように桝形山をはじめとした
様々な山がそびえ立っていて
のどかで良い場所でした。


上下線ともに、電車が停まるのはだいたい1時間に1本・・・
これを多いととるか、少ないととるかはそれぞれですが
ゆったりした鉄道旅のなかで途中下車してみるのも
悪くないかもしれません。

→ほくほく線公式サイトの魚沼丘陵駅のページ


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
最後まで読んでいただき、ありがとうございます。


人気ブログランキングへ
周りの人達が “自分が風邪うつしたのかも” と思ってるせいか
やたらとチヤホヤしてくれる今日この頃(笑)


私も負けじとカイロやらのど飴を配っております。
早く治さなければ~。皆さんも、気をつけて下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

かのえかな

Author:かのえかな
在住地:埼玉県
年齢/性別:腰痛持ちのアラサ―女性(独)
旅行以外で好きな物:野球観戦、音楽(ジャンル問わず、懐メロ系)、読書

【旅先で注目するもの】

→ご当地マンホール、百貨店、スーパーマーケット
→食べ歩きできるご当地グルメorB級グルメ
→地方紙の新聞社の本社
→町に住む猫
→神社やお寺、公園、庭園

【電車旅にハマったきっかけ】

→パニック障害の治療の一環で電車に乗る練習をしたことから。(今も新幹線は苦手・・・)

【旅のコンセプト】

→お金をかけない。
→駅を基点に歩ける範囲で。(例外あり)

【ブログ運営の目的】

→大型観光地のみならず、身近な場所にも楽しめる場所があることを自身が感じつつ、伝えたい。
→駅を基点に、その地域ならではの「普通」を堪能しつつ、伝えたい。
→パニック障害や心の病で外出が困難な方に、近場からでも
外に出る楽しさを取り戻して頂けたら・・・。

【夢や目標】
→一生かかってでも、日本中の駅を訪ね、散策してみたい。
→コミュニケーション能力を磨いて旅先の方との会話から
地域の情報を得られるようにしたいです。

動画、ブログ、共に探り探りの状態での更新ですが
よろしくおねがいします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。