QLOOKアクセス解析
2017 / 06
≪ 2017 / 05 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - 2017 / 07 ≫
Page.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Page.117

tomidahama1.jpg


JR東海管轄の関西本線では最も1日平均乗客数の少ない
三重県の『富田浜駅』
2012年度の記録では1日平均167人とのこと。

ひとつ手前の『富田駅』とは1.3kmしか離れておらず
しかも、富田駅の近くには近鉄富田駅もあるとなれば
中間に住んでいたら富田駅を選んでしまうかもしれない。

ホームは2面2二線の、無人駅

tomidahama2.jpg


無人駅といえば小さかったり
昔ながらの木造の駅舎を思い浮かべがちだが
こちらは写真の通り、駅舎内は割と広々としており
中はポスターが所々に貼られている以外は
コンクリート剥き出しで味気ない作り。

3月とはいえ、肌寒い日に訪れたため
この無機質な空間にいると、余計に冷たい風が
身にしみる・・・

tomidahama3.jpg


そんな中にぽつりと、乗客が自由に使える置き傘が置いてあるのを見ると
人の存在というか、温かみを感じられてホッとする。

「愛の傘」というネーミングセンスも、また良い。


tomidahama4.jpg



駅舎を出たら自転車がまばらに散らばっていた。
167人の乗客のうち、何人が毎日この駅まで
自転車に乗ってきているのだろう?


というか、これだけ横倒しになってる自転車を見ると

「これは、今日乗ってきたものではなく、ずっと放置されてるのでは?」

という、疑念を抱かずにはいられない。

まあ、ひとっこひとり出会わなかった私には
真実を確かめることなんてできないのだけれど。


tomidahama5.jpg


乗り継ぎの都合上、短時間しか滞在できず
軽く駅周辺を歩くことしか出来なかった。

そんな限られた時間の中でも2つも文学者の石碑を
見ることができた。

ひとつ目は、上の巌谷小波のもの。
昭和の戦前に活躍した、児童文学者の先駆者なのだそう。

tomidahama6.jpg


そして、こちらは其角の句碑。
この方は、松尾芭蕉に俳句を学んでいたのだそうです。


調べてみると、駅名にもなってる富田浜海水浴場は
かつて、高級別荘地だったそうです。
(皇后美智子の実家・正田家の別荘もあったのだそう!!)
そして、富田浜駅はその海水浴場へアクセスするための駅として
夏休みは特に混雑していたとのこと。

しかし、1959年の伊勢湾台風の襲来で富田浜の砂浜は消滅。
富田浜跡地の上には国道23号、名四国道が開通。
そして、私が見た静寂漂う今の富田浜駅になったのだと思うと
歴史のうつろいがもたらす、切なさや物悲しさを感じます。


今回、見た句碑は、かつて富田浜の美しさに
惹きよせられてきた文学者たちの貴重な足跡だったという訳です


短い散策を終えて、もう一度、富田浜駅の駅舎を見ると
この味気なさがひとつの個性として新鮮に思えてきました。

よくよく考えたら、これ以降
富田浜駅以上に無機質な無人駅に出会ってないかもしれないです。



短い動画ですが、そんな富田浜駅の雰囲気をまとめました。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
最後までお付き合い頂き、ありがとうございます。


人気ブログランキングへ
よろしかったら、お好きなバナーから


応援に1クリック、お願いします。
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト
Page.115

こんばんは。
先程までクライマックスシリーズを観戦し
(テレビで・・・だけど)
六甲おろしを熱唱していた「かのえかな」です

しっかし、最後の大和選手の好守備、かっこよかった。




プロ野球、どこのチームのファンというのはないのですが
出身が兵庫ということで、こういう場面になると
タイガースびいきしてしまいます。
(周りもタイガースファンが多いし)


明日も散策は控えて、家の掃除しながら
プロ野球観戦してるのかな・・・・?(^-^;)


・・・・とまあ、余談はこのへんにして
新しい動画、アップしました。


今回は、関西本線の無人駅
三重県は四日市市にあります『富田浜駅』です。





滞在時間が短かったため、歩いた距離も少なく
撮影した画像なども少ないです。
そのため、短い動画となってますが
ご視聴頂けると、嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
個人的に日本シリーズはタイガース対ソフトバンクを希望してます


人気ブログランキングへ
本当はオリックス対タイガースで関西対決が良かったんだけど・・・


それが叶わぬなら、せめてチームカラーが「白・黄色」同士がいいな~という
ふざけた動機からです(^-^;)
このエントリーをはてなブックマークに追加
Page.70

kuwanano1.jpg

桑名駅を降りたのは
祖母の葬儀が終った後でした。


突然の訃報によるショックと
バタバタと執り行われたお通夜と告別式による
異常なまでの緊張から

やっと解放された時でした。


とにかく1人になりたかったんです。


バッグには祖母の形見をin。
あちこち旅行したかったけど、叶わなかった人だから
連れていこうと思ったのです。


散策ルートなんて全く考えてません。
ただ、歩ければ良かったので。


グーグルマップを見たところ
駅前のメインストリートを
ひたすらまっすぐ歩いたら

九華公園に着くことが分かったので
とりあえず、そこを目指す事にしました。


私から見た桑名は
いかにも地方の小さな都市という感じで

車通りはそれなりに多く
ビルも商店もそれなりに並んでるけど
歩いてる人は少なめ。

kuwanano2.jpg


驚いたのは、綺麗なマンホールが多かったこと


kuwanano3.jpg

このマンホールは桑名の名物・蛤(はまぐり)のデザイン。
どうやら

“その手は桑名の焼き蛤”

という洒落言葉まであるらしい。意味は
“そんな上手いこと言っても騙されないぞっ☆”
って感じらしいです。

しばらく歩くと、一際目立つ
アーケード商店街を発見。
寺町通り商店街と言うらしい。

kuwanano4.jpg


洋服、雑貨、食べ物に仏壇と
色んな物が売られていて
見ているだけでも楽しめました。
側には小さな川(水路?)もあってなかなか綺麗。


そんなこんなで寄り道しながら歩いたせいか
30分かかって九華公園に到着。

kuwanano5.jpg


公園の主がお出迎えしてくれました。

中は静かで広々してて
自然豊かな、美しい景色が広がってます。

kuwanano6.jpg


九華公園は桑名城跡に作られた公園で
桑名観光地の代表格のひとつとも言えるでしょう。


私が訪ねた時期は見れなかったけど
桜や花菖蒲、つつじの名所でもあるみたいです。

神社もあったみたいだけど
申し訳ないが記憶にない。
・・・というのも、こやつに会ってしまったから。

kuwanano7.jpg


ヘビです。
実は野生を見たのは初めてだったりする。

珍獣ハンター・イモトさんみたいに
森やジャングルで会うならともかく
公園っていうのにビックリ。


よく見たら、つぶらな目をしており
斜め後ろからヒョロヒョロとついてきたので
ヘビの歩調?に合わせて、しばらくは
ゆっくり散策してしまいました。


一通り見終わって、出入口に戻ると
再び公園の主が。

kuwanano8.jpg


今度はベンチの下に座っており
よーく見たら、お腹が大きい事が発覚。


妊娠中の猫って初めて見たわ。
これまた貴重な経験。

「元気な子供を生んでね」

と、心の中で言いつつ
九華公園を後にしました。


この事を知人に伝えたところ

「亡くなった人の魂が蛇に宿るという言い伝えがある」

と教えてくれました。


私はそんなの聞いたことないし
霊感もないから真偽の程は不明だけど
今回は都合よく信じることにしました。


ちなみにこの日、降水確率が70%あったのに
見事な快晴だったのですが
それも晴れ女だった祖母が見守ってくれたからだと思ってます。


今でも時々、形見を連れてくけど
その時は必ず晴れます
降水確率がなんのそのって感じです。

ばーちゃん、すげえっす。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
最後まで読んでいただき、ありがとうございます。


人気ブログランキングへ
今回は観光情報より個人的な話が多くなり、すみませんです。


あと、蛇は見るのも嫌という方がいたら
不意討ち写真ですみませんでした。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Page.69



今回は三重県にあります桑名駅周辺を
散策した時の動画です。

桑名駅は近鉄や養老鉄道もありますが
自分が利用したのが関西本線だったため
今回は関西本線の・・・と書かせてもらいました。


こうして記録に残すことを
意識する前に撮影したものなので
画像は少ないし、散策ルートもあいまいです。


本来なら散策し直してUPすべきかとも思ったのですが
私には、この時の散策であることに意味があるので
この度、動画にさせてもらいました。

ヘビが嫌いで見るのも嫌という方は
見ない方がいいかもしれません・・・(^-^;)

いや、でもやっぱ少しでも多くの方に
見てもらいたいかも。

そんなこんなで、よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
次回はエピソード編です。


人気ブログランキングへ
ブログランキング、応援頂けると嬉しいです。


よろしくおねがいします。
このエントリーをはてなブックマークに追加

かのえかな

Author:かのえかな
在住地:埼玉県
年齢/性別:腰痛持ちのアラサ―女性(独)
旅行以外で好きな物:野球観戦、音楽(ジャンル問わず、懐メロ系)、読書

【旅先で注目するもの】

→ご当地マンホール、百貨店、スーパーマーケット
→食べ歩きできるご当地グルメorB級グルメ
→地方紙の新聞社の本社
→町に住む猫
→神社やお寺、公園、庭園

【電車旅にハマったきっかけ】

→パニック障害の治療の一環で電車に乗る練習をしたことから。(今も新幹線は苦手・・・)

【旅のコンセプト】

→お金をかけない。
→駅を基点に歩ける範囲で。(例外あり)

【ブログ運営の目的】

→大型観光地のみならず、身近な場所にも楽しめる場所があることを自身が感じつつ、伝えたい。
→駅を基点に、その地域ならではの「普通」を堪能しつつ、伝えたい。
→パニック障害や心の病で外出が困難な方に、近場からでも
外に出る楽しさを取り戻して頂けたら・・・。

【夢や目標】
→一生かかってでも、日本中の駅を訪ね、散策してみたい。
→コミュニケーション能力を磨いて旅先の方との会話から
地域の情報を得られるようにしたいです。

動画、ブログ、共に探り探りの状態での更新ですが
よろしくおねがいします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。