QLOOKアクセス解析
2017 / 10
≪ 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2017 / 11 ≫
Page.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Page.164

今回は2013年、春の青春18きっぷで行った
滋賀県の近江今津駅(湖西線)から。


1969年まで走っていた江若鉄道線(こうじゃくてつどう)という
路線の終着駅が近江今津駅のそばにあったことから
このエリアは西岸地域の鉄道拠点として
今も昔も機能しているとのこと。

開業は1974年の7月。駅としては新しい方。
453nn.jpg

・・って湖西線が昨年
40周年迎えたばかりなんだから当たり前か☆
2013年の乗車人員は2.235人。
鉄道拠点とはいえ、東京の駅では知る人ぞ知る(私と周囲の認識)
浮間舟渡駅の約10分の1のって考えると・・うん。
これは東京が悪い。人が多すぎるってことにしておこう。

443nn.jpg

関西方面から敦賀へ行くにあたって
彦根や長浜を見ながら行こうかと思ったのだけど
ふと地図を見たらその対岸に聞いたことない路線が走ってたので
(失礼)
興味本位で西岸経由で行くことに。

どうせなら湖西線のどこかの駅で降りてみようと
ネットでオススメの駅を聞いたら

「初めての湖西線なら近江今津駅が面白い」

と勧められ、降りたのでした。
正直、駅舎に関してはあまり記憶がないです。

勧められた理由は
駅からすぐの場所に琵琶湖があること。
そして歴史的建造物が立ち並ぶ
ヴォーリズ通りがレトロな雰囲気でとても良いということ。

まずは、生まれて初めての琵琶湖対面を果たす。
青く、波打つ水しぶき
湖とはいえ対岸が見えないから海みたいだ。
469nn.jpg

滋賀県って春でもほかの地域より寒い(気がする)。
岸辺に立つと、顔にダイレクトに風が当たる。
寒すぎてソッコ―で退散してしまいました。

続いてヴォーリズ通りを目指す。
ちなみにこの「ヴォーリズ」さんは多くの歴史的建造物を遺しただけでなく
あのメンソレータムを世に広めた人としても有名な人だそうです。



まず最初に目に入ってきたのは
今津ヴォーリズ資料館
499nn.jpg

1923年に滋賀銀行の今津支店として
建てられたとのこと。
(当時は滋賀銀行って名前じゃないらしいが忘れた)

銀行移転後は町の図書館として使用。
なんと平成13年まで現役だったらしい。

白くて美しいな建物は西洋古典建造様式を継承。
資料館として活躍する今は、中でお茶ができるらしいが
カフェに入ってる時間がなかったので私はスルーしました。

でもヴォーリズ通りの中でも代表的な建造物なので
時間がある方はぜひ、中まで入ることをお勧めしたいです。
続いて見えたのが、今津教会会堂。
501nn.jpg

入口に「幼稚園」の看板も・・・。
雰囲気あるところに通う子供たちだなあ(羨)

こちらは資料館の11年後輩。
1934年に建てられたものです。
昭和7年には保育園として機能してたそうなので
現在、幼稚園なのも納得。

チューダー様式だの専門用語が書かれてたけど
素人だし、近くで見れないしで、いまいちピンとこない。
でも日本の町に溶け込む西洋式建造物というのが
ヴォーリズの十八番だということです。
続いては、旧今津郵便局。
506nn.jpg

こちらは1936年に建てられたとのことで
一番若い建造物ですね。

正直、郵便局には見えませんでした。
看板がなかったら通り過ぎてたかも。

ヴォーリズお得意の日本に溶け込む西洋建造物って事で
昔、お金持ちの方が建てた大きめのお家かと・・・。

でも実際は昭和53年まで現役で機能してたそうです。
様式として切り妻造りと妻入りって書かれてたけど、例のごとく分からず。

とりあえず切り妻造りは屋根の種類だそうです。
で、妻入りは正面玄関が建築物の
どの面にあるかで分類された様式名とのこと。

472nn.jpg

街は全体的に静かでした。
しかし謎なのが、道路が鉄の錆びたやつみたいに
どこも茶色いこと。

海の近くの街なら分かるけど・・・。
琵琶湖って塩、入ってないよね?
なんで茶色なのか、知ってる人教えてください。
でもこの道路が街に独特の雰囲気を
プラスしてたのは確かです。

ヴォーリズ通りの先にある商店街は
湧水地として有名だったらしく
水車?があったりと雰囲気は良かったです。
静かな雰囲気を撮りたかったので
静止画がない・・・・。



よかったら、動画から見てやってください。

寒かったけど、なかなか楽しめました。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
最後まで読んで頂き、ありがとうございます。


人気ブログランキングへ
よかったら応援クリック頂けると嬉しいです。


次回もよろしくお願いします。
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト
Page.163

3月末に東京上野ラインの個人的感想を書いたっきり
半月近く体調を崩してブログを休んでました。

その後、普通に瀬戸大橋線の車窓動画をアップしたことをお知らせしてましたが
風邪ひく前にアップしてた近江今津駅の紹介を忘れてました。
本来なら、東京上野ラインの雑談の次に紹介するはずだったのに
更新を止めてたことで、すっかり忘れてたのでした(´・ω・`)

ごめんよ、近江今津駅・・・



ということで、近江今津駅の周辺散策の動画です。
レトロな建築物が沢山の町並みと琵琶湖の眺めと
個性的な顔の町ねこがいい感じの町でした。
よかったら見てやってください。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
次回の更新で、近江今津駅エピソード編を書こうと思います。


人気ブログランキングへ
湖西線で特にオススメの駅だし、うっかり忘れてた借りもあるし



頑張って書かせて頂こうと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Page.81



青春18きっぷの旅。
京都から福井へ行くにあたり
琵琶湖の右側(彦根・長浜がある方)を通るか
左側を通るかで迷ってしまった。


その時初めて湖西線の存在を知り
(読み方を“こざいせん”と勘違いしていた)
未知の世界に行ってみることにしたのでした。


kitatu1.jpg


初めての滋賀県。
そして、初めて見る琵琶湖。


さすが、日本一大きい湖
思った以上に大きくて、海みたいで
そして、思った以上に青くてきれいでした。


そして、そして
思った以上に寒かった・・・・


kitatu2.jpg


北小松駅に到着。
なんで途中下車をこの駅にしたのかは
正直、覚えていない。

wiki先生によると
一日の平均乗車数は400人弱。

私が下車した時は、他に誰も降りた客はおらず
階段を下りるコツコツという足音が
よく響き渡った。


改札で駅員さんに18きっぷを見せると

「あら~18きっぷ。いらっしゃい」

と、温かく迎えてくださった。

kitatu3.jpg


北小松駅は滋賀県大津市の駅。


正直、大津市と言ったら
あのイジメの事件が真っ先に思い浮かんでしまう。


しかし、自分が見た大津市は、優しい駅員さんと
あちらこちらで流れる用水路の水音と
古めかしさが逆に輝く木造の家々といった

非常に穏やかなものだった。

kitatu4.jpg


特にこれといって、行きたい場所とかも決めてなかったし
乗り継ぎの都合上、そう長くは居られなかったので
簡単に周囲を歩くことに。

すると、写真の小さなお寺に巡り会ったのでした。


お寺は周囲を工事しているオジサマ方の
憩いの場になっていた。

そんな中をズケズケ入って
のんびり眺める度胸もないので
お寺の名前の確認もせずに
早々に立ち去ることに。

いいんだ、どうせすぐ電車に乗らなきゃいけないから(´・ω・`)

kitatu5.jpg


駅までの帰り道、不思議なものを見かけた。


「籾殻 すりぬか
 御自由にお持ち帰りください」



もみがらの取り放題なんて初めて見た。
しかも、野ざらし状態。
そして、北小松しめ縄会ってなんだ!?


多分、ここでは普通のことなんだろうけど

外から来た人間には珍しい
・・そんな、さりげない&ささやかな
ローカルネタを見つけると、すっごく得した気分になる。

旅に出たなあ~って気がする。
それが、こんな何となく立ち寄った
小さな駅で出会ったものなら尚更。





動画の通り、風がびゅんびゅん吹いて
なかなか寒かったけど
こんな訳で、けっこう楽しめた散策でした。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。


人気ブログランキングへ
いつか、長浜方面にも


行ってみたいですね。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Page.80




ひっさびさの動画UPです

だんだんと夏らしく、暑い日が続くようになったので
涼しさ・・・?を求めて

とにかく、くっそ寒かった3月の滋賀県から
湖西線の北小松駅を選びました

風がびゅうびゅう吹いております。
山には雪が残っております。

短い動画なので、よかったら見てやってください。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
最後までお付き合い頂きありがとうございます。


人気ブログランキングへ
湖西線(こせいせん)を「こざいせん」と呼んでいたのは


ココだけの秘密です(^-^;)
このエントリーをはてなブックマークに追加

かのえかな

Author:かのえかな
在住地:埼玉県
年齢/性別:腰痛持ちのアラサ―女性(独)
旅行以外で好きな物:野球観戦、音楽(ジャンル問わず、懐メロ系)、読書

【旅先で注目するもの】

→ご当地マンホール、百貨店、スーパーマーケット
→食べ歩きできるご当地グルメorB級グルメ
→地方紙の新聞社の本社
→町に住む猫
→神社やお寺、公園、庭園


【旅のコンセプト】

→お金をかけない。
→駅を基点に歩ける範囲で。(例外あり)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。