QLOOKアクセス解析
2017 / 07
≪ 2017 / 06 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - - 2017 / 08 ≫
Page.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Page.185

2015年夏、7月20日に青春18きっぷ利用期間スタート


あと5日ほどで2015年夏の青春18きっぷの利用期間が始まりますね。
そんな訳で、自分がかつて18きっぷで大冒険(?)した飯田駅のエピソードです。



今回の駅は長野県にある「木ノ下駅」。
正直、何か目立つ観光スポットや
撮影地があるわけではないと思いますが
どうぞ、お付き合いくださいね。

飯田線の木ノ下駅を駅トホに選んだ理由


18きっぷで東京から大阪方面への移動。
東海道線ルートも中央本線ルートもすでに経験済みで
「ほかに面白い路線ないのかな?」
と地図を眺めていたところ、飯田線を発見!

駅がやたらと多くて
山の中をグル~っと周る謎路線。
それが、飯田線の第一印象でした。
もう、好奇心掻き立てられまくりです。

「飯田線!今回の18きっぷ旅は君に決めた!」
(ポケモンのサトシ風に)



東京方面から出発して、宿泊先は飯田駅近くのホテル。
辰野駅から飯田駅の間にある駅の中で駅トホ候補を決めなければ。
散策に使える時間は30~40分。
正直、あまりに見どころがありすぎる駅だと
時間が足りなくなる・・・どうする?

そんな考えの中、目に留まったのが「木ノ下駅」なのでした。

木ノ下駅の駅舎を眺める


私が住んでいる場所だって、埼玉県の片田舎だけど
最寄駅は、それなりに人の出入りが激しい。

そのせいか、ウィキペディアで人の気配を感じない
小さな小さな駅舎の駅を見つけてしまうと
珍しさから、好奇心を掻き立てられてしまう。

その駅舎が木造で趣深いかとか
コンクリート製で無機質な感じだとかは、関係ない。
小さくて愛らしい駅舎の真ん中に立ってみたくなるのだ。

kinosita002.jpg

木ノ下駅の駅舎も、私のそんな変わった趣味に
ドストライクだった。
ウィキ情報だと1997年に駅舎が解体されたかわりに
写真の待合所が造られたらしい。

そうか、これ、駅舎じゃないんだ。待合所なんだ。

横幅、縦幅ともに2メートルあるかないか程だったと思う。
10人入れば、ぎゅうぎゅうになってしまいそうな
小さな待合所。

白く塗られたコンクリートの壁には
運賃表や時刻表が貼られたほか
20センチ幅ほどの細長い窓がついていた。

kinosita001.jpg

待合室をくぐりぬけて、駅の外へ出てみる。
駅舎、いや待合室の入り口には
「箕輪町花 いわやまつつじ」と書かれた
大きな花の装飾が、木ノ下駅に彩りを添えていた。

ちなみに箕輪町にある「箕輪ダム」付近には
たくさんの「いわやまつつじ」が植えられていて
素晴らしいビュースポットとして人気らしい。
(でも箕輪ダムのニックネームは、もみじダムである)
参考:箕輪町観光協会ホームページ

箕輪町のことが少し分かったところで、散策開始。
駅前にあるメインストリートを
2~3分歩けば着く、箕輪南宮神社へ行くことにした。

箕輪南宮神社のケヤキの偉大さ・・私には早すぎた模様


kinosita003.jpg

1797年に造堂され
箕輪町指定の有形文化財にもなっている
箕輪南宮神社。

本来なら三州街道方面から参道を通って
参拝するべきなのだろうけど
木ノ下駅からだと、遠回りになるので
写真の小さな鳥居をくぐって入ることにした。

正直言って、町の小さな神社としか感じない。
でもここには樹齢550年とも言われる
立派なケヤキがあるのだ!

kinosita004.jpg

この写真だけでも
いかに立派なケヤキかということは
“ある程度”は伝わると思う。

でも、ケヤキの立派ぶりを伝えるために
ちゃんと全体像を撮るべきだったと
今になって、後悔。

全体像を丁寧に撮影したのは
鳥居の横にあった謎の大きな木のほうでした。



だって、切り落とした枝の上に
アルミ箔でフタしてたのが不思議だったんだもん(´・ω・`)
※ムービーで撮影したので、ぜひ動画でご確認ください※

「何事も数を重ねることで上手くなる」

これは、娯楽の一種である
「旅行」にさえも、当てはまるらしい。

木ノ下駅を散策したのは
私が電車旅にハマったばかりのころで

訪問先の見どころは何か?
それはどこにあって、どんな歴史があるのか?
なんて、全く考えず

見どころののケヤキではなく
よく知りもしない木を熱心に見てしまった
自分の未熟さを、木ノ下駅散策から2年経った今
当時撮影したものを見直して、痛感しているのでした・・。

学生であふれる木ノ下駅


木ノ下駅散策では、大雨に遭ってしまい
これ以上歩きまわる気力も体力も無くなった私は
箕輪南宮神社を訪ねた後は、まっすぐ木ノ下駅へ帰ることにした。

・・・と、木ノ下駅の駅舎(待合室)に
黒い人だかりが。
人が入りきらなくて、入口付近にも
人があふれている。

kinosita005.jpg

時間を見たら16時過ぎ。
どうやら学生さんの帰宅ラッシュと
重なってしまったらしい。

雨だから普段はホームで待っている人も
みんな待合室に集まっているのだろう。

ぎゅうぎゅうになった待合室を窓からのぞくと
隅っこに、ほんのわずかだが空きスペースを発見!
友達と喋ってる学生たちには足りないスペースだけど
ぼっちの私なら充分の広さだ。

「すみません・・・」と
地元民におどおどしつつ、待合室に入り
隅っこで小さくなって、飯田駅方面へ行く電車を
じっと待ったのでした。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
最後まで読んで頂き、ありがとうございます。


人気ブログランキングへ
天気が良ければ、天竜川も見に行きたかった・・・。


お好きなバナーから応援クリック、いただけると嬉しいです。
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト
Page.184

~飯田線・木ノ下駅の動画をアップ~


鉄道ブログらしく、久々に駅トホ動画をアップです。
今回は秘境駅がいっぱいの飯田線から
「木ノ下駅」をピックアップしました。

木ノ下駅は2013年春、2週間かけての
青春18きっぷ旅行をしたとき、最初に散策した駅です。
出だしが雨どしゃ降りで大変だった記憶があります(笑)

そんな訳で、広範囲に渡っての散策はしていませんが
飯田線の無人駅ならではの落ち着いた雰囲気は
伝わるのではないかと思います。



よかったら、見てやってください。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
いつも、ありがとうございます。


人気ブログランキングへ
次回は木ノ下駅(飯田線)の散策エピソードです。


お好きなバナーから応援クリック、お願いします。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Page.176

ごぶさたしております。かのえかな です。
10日ぶりの更新となってしまいました。
かなり間が空いてしまいましたが
前回の続きで塩尻駅の散策エピソードです。

塩尻駅 情報とミニエコー



siojiji00.jpg

長野県にある塩尻駅は中央本線と篠ノ井本線が通っています。
開業したのは明治35年(1902年)の12月。
日本初の鉄道路線ができたのが明治5年だから
比較的、古株の部類に入るのかな?

2013年時点での1日乗車人員は3.944人。
個人的な感覚では、思ったより少ないという感想です。

なぜなら、中央本線においては塩尻駅は
JR東日本とJR東海の境界駅になってるので
中央本線のターミナル駅的な立ち位置だと思っていたからです。
(実際、ターミナル駅なのかもしれませんが)

上の写真はいわゆる「ミニエコー」ってやつです。
撮影したの、2013年の夏かな・・?と思ってたんだけど
調べると2013年の3月16日が最終運行で引退してるから
それはないな・・・と。

私は鉄道旅好きだけど
車両については全く無知なので
これくらいの情報しか分かりません。
でも、素人目から見てもミニエコーって可愛いですよね。
昔懐かしい優しい色合いが、旅ゴコロをくすぐります。

こんな、ほのぼのとできる列車に乗って
のんびり山や湖を眺める旅をしてみたかったな。

青春18きっぷの列車乗り継ぎで下車



というわけで(?)
ミニエコーのおかげで2012年の夏に下車したことが判明。
ちなみに青春18きっぷで旅行中に降りました。

siojiji06.jpg


境界駅ってことで、中央本線の乗り継ぎ・待ち合わせ利用です。
滞在時間は20分。なので、駅周辺を軽く歩くことしかできませんでした。
日本全国の駅を下車することを目標とする身としては
この20分も貴重な途中下車カウントにさせて頂いてます。

駅ごとに滞在時間にバラつきが出て申し訳ないけど
許してね・・・塩尻駅さん(´・ω・`)

塩尻駅 周辺を散策。ワインと短歌が有名らしい



駅の中や駅前をグルグル歩きまわって分かったのは
どうやら塩尻はワインと短歌が有名だということ。

siojiji01.jpg

これは駅のホームに合った看板。
塩尻ワインは100年以上の歴史を持つ
立派な老舗ブランドなんだそうです。

高品質のぶどうがたくさん獲れることから
ワイン作りが盛んになり
市内には8つのワイナリーがあるとか。
しかも、同じ市内だと言うのに使っているぶどうによって
全然味が異なると言うから、ワイン好きにはたまらないんじゃないでしょうか?

siojiji02.jpg

同じ市内だったら飲み比べも
散策しながら、気軽に楽しめそうですね。
中でも「KIKYOワイン」は、全国でも珍しい
高校生が作ったワインなのだそうです。
10代にして、大人の求める上質の味に応えられるとか
有能すぎて参っちゃいますね(笑)

ワイナリーの一覧はこちらから行けますよ


左上のマークがおすすめの印みたいです。


つづいて、短歌です。
駅の前にこんな石碑がありました。

siojiji03.jpg


塩尻駅が生まれた明治時代、多くの優れた歌人が
この町から生まれたそうです

例えば、太田水穂や若山牧水の妻・若山喜志子・・・。
すんません。分かってる風に言ってるけど
よく分かってません。

まあ、それはともかく
現代でもこの流れは廃ることなく
毎年秋には「全国短歌フォーラム」も開催されてるそうです。

塩尻駅のとなりにある「広丘駅」から徒歩10分くらいの場所に
「塩尻短歌館」なんてところもあります。
塩尻駅からはタクシーで10分で行けます。
短歌フォーラムもここで開催してるそうです。



tannkakann1.jpg

※画像引用:http://www.city.shiojiri.nagano.jp/kanko/sogokankoannai/meisyokyuseki/tankakan.html#PTOP※

無機質なコンクリートの建物を予想してたら
良い意味で裏切られました。
木造建築ならではの、温かく重厚な雰囲気を醸し出しています。
古き良き日本のお屋敷みたいです。

手作り感あふれる駅・塩尻駅



駅前にある観光案内には
手書きのポップや手作り看板がたくさんあって癒されました。

siojiji04.jpg


中でも惚れ込んだのが下のヤツ。
ソフトクリームに鼻めがねという
シンプルな発想なんだけど
めちゃくちゃ良い味出してませんか?
あまりに気に入って、しばらく携帯の待ち受けにしてました(笑)

siojiji05.jpg

散策をまとめた動画です。よかったら、見てやってください。




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
最後まで読んで頂き、ありがとうございます。


人気ブログランキングへ
次回からは秩父・長瀞の旅行記録を紹介できたらと思います。


まだら更新が続きますが、これからもよろしくお願いします。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Page.175

ちょっと間が空いての更新となりました。

今回は中央本線&篠ノ井線の
主要駅のひとつ、塩尻駅の動画です。


(カテゴリーは中央本線に入れてます)

青春18きっぷで
大阪の某駅(忘れた)から、三重県の関駅を経て
長野県の上諏訪駅へ向かう途中に
乗り継ぎと待ち合わせのために下車した際、撮影したものです。

滞在時間20分、カメラはガラケーと
かなり低めのクオリティーとなってます。
(自分で言うな)

それでも塩尻の夏の青い空や
駅前にある個性的な看板といった
塩尻駅ならではの魅力は伝わると思います。
よかったら、見てやってください。



ついでに上諏訪駅動画もあります。






次回は塩尻駅のエピソード編です。

さて、話は変わりますが
以前こちらにも書いたとおり 
母娘旅行に長瀞に行ってきました。

はっきり言って、かなり良かったです!

秩父・長瀞観光と言えば
桜や芝桜がきれいな春や、紅葉が美しい秋がメインだ・・
なんて思われるかもしれませんが

6月の秩父、長瀞かなりおすすめです。


新緑が美しい!
さらに今回は色んな意味でタイミングに恵まれました。

1) 鮎の解禁日にちょうど当たった
2) 宿の檜風呂がリニューアルしたてだった
3) 天然水かき氷もさほど並ばずに食べれた。
そこそこ暑い気候なので、食べごたえもある。
4) 天気が暑すぎず、寒すぎずでちょうど良かった。

真夏に入ると天然水かき氷目当てで来る人が
かなり増えると思うので、今は穴場的な意味でおすすめです。
そりゃ、6月だから雨にあたるかもしれませんが
雨天の山の景色も、それはそれで美しいと個人的には思います。
(そう考えてるときほど晴れるんだよね。不思議)

こちらは塩尻駅のエピソードの後に数回に分けて
詳しく書かせてもらう予定です。
とりあえず、6月の秩父、長瀞も良いってことを
伝えたくて簡単に書かせてもらいました。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
最後まで読んで頂き、ありがとうございます。


人気ブログランキングへ
旅行中、長瀞の人に聞いたのですが、先日どこかのテレビで長瀞特集やったみたいですね。


テレビの影響で今後は混雑するのかな?
このエントリーをはてなブックマークに追加

かのえかな

Author:かのえかな
在住地:埼玉県
年齢/性別:腰痛持ちのアラサ―女性(独)
旅行以外で好きな物:野球観戦、音楽(ジャンル問わず、懐メロ系)、読書

【旅先で注目するもの】

→ご当地マンホール、百貨店、スーパーマーケット
→食べ歩きできるご当地グルメorB級グルメ
→地方紙の新聞社の本社
→町に住む猫
→神社やお寺、公園、庭園


【旅のコンセプト】

→お金をかけない。
→駅を基点に歩ける範囲で。(例外あり)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。