QLOOKアクセス解析
2017 / 05
≪ 2017 / 04 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - 2017 / 06 ≫
Page.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Page.149

nisiagano00.jpg

こんにちは、かのえかな です。
今回は私の初めての一人旅、西吾野の珍道中エピソードを
お送りします。

そもそも、なぜ旅先が埼玉なのか?
それは初めての一人旅は自転車によるものだったからです。
自宅(埼玉県南部)から、道路標識と勘のみで
約3~4時間かけて飯能駅まで行きました。

本当に無謀ですね。若いって怖い。無知って怖い。

高校時代は川越に通ってて、その流れで狭山辺りまでは度々行ってたし
飯能なんて、その隣あたりでしょ?って感覚です。
(土地勘がある人だけ、呆れてください)

で、飯能駅そばのホテルに泊まり
翌日、西武秩父線に乗って西吾野駅へ来たってわけです。


西吾野駅に来たのは、子ノ権現にある日本最大級の
『鉄のわらじ』を見てみたかったから。
本当いうと、子ノ権現そばの竹寺が一番見たかったのですが
子ノ権現からさらに90分歩くみたいなので
スケジュール的に諦めました。


西吾野駅から子ノ権現・天龍寺へのルートも
当然分からず(こいつ、アホや・・・我ながら)
駅行けば、何かあるだろうと思ったら
何もなし(昔話なので今は分かりません)


そこで、駅前の大通りを地図の通り適当に歩いてみたのです。

nisiagano08.jpg


赤い矢印の通り歩いてたら
青い矢印の辺りで『子ノ権現の入口』みたいな看板を発見

nisiagano01.jpg


この看板の指し示す方向へ向かったのです。
が、ここからがさらに大変だった。
だって、案内板がこの通り・・・

nisiagano02.jpg


よ、読めん・・・・(´・ω・`)


そして、行く先がまるで道なき道
ありのままの山道って感じなんです。

nisiagano03.jpg


こんな感じで当たり前に木が倒れてたりします。
こげな薄暗い場所に独りフラフラ入ってく女・・・
「死ぬ気か!?」って思われるんじゃないかって
心配でした(笑)

いや、心配してくれる人の気配すらなかったか(^-^;)

この道であっているのか?
間違えてたとして、私は元の場所へ帰ってこれるのか?


本当に怖かった。足腰守護してもらうために
こんな恐怖味わわなければならんのかと思ったものです。
そんな感じにおびえていたら、後ろから
キャッキャ・ウフフ♪と複数の女性の声が聞こえてきたのです。


ハ、ハイキング好きなオバサン集団や~!!


この時の私にはオバサン達が女神か天使に見えましたよ。
ぼーぜんと立ち止まる私に、天使たちが挨拶してくれました。

「お嬢さんも天龍寺、行くの?」
「そ、そうなんです!!」
「このまま、道なりに行けばすぐよ」




その道がないんすけど・・・・(´・ω・`)



ハイキング素人の私は気づかなかったのですが
山道の中に、ところどころ石でできた小さな標識みたいなものが
あることをオバサマ達に教えてもらいました。

もう、詳しいことは覚えてませんが
今は山の中のこの辺にいるみたいなことを
示してるらしいです。


ただの道なき道じゃなかった・・・。
安心して、しばらくはオバサマ達と一緒に
ハイキングしてたのですが、いかんせんスピードが遅い!!

お気に入りの野草を見つける度、立ち止まっては本で調べて
記念撮影するわで、スケジュールギリギリの私は最後まで
付き合えそうにないので、途中でサヨナラすることにしました。

その頃には、山道の終盤に差し掛かってて
だいぶ整備されたルートができあがってたので
文字が読める案内板も設置されてました。

nisiagano04.jpg


そして、子ノ権現・天龍寺に到着。
思ったよりこぢんまりとしたお寺です。

nisiagano05.jpg


そして、夢にまで見た『鉄のわらじ』とご対面。
公式ホームページによると2トンもあるらしい。
正直なところ“それなりに迫力ある”って感じでした。
(個人的に埼玉の観光地は“それなり”なところが愛おしいのです)

nisiagano07.jpg


思ったよりインパクトがあったのがこちらの夫婦下駄。
緑に囲まれた空間に、白と赤が鮮やかでした。

天龍寺だけを見たら、それほど派手な観光スポットでは
ないかもしれない。
でも、ここまで来る過程で得た足腰の鍛錬が
子ノ権現ならでは足腰守護につながるのかもしれない。
そう思うと、非常に有意義なときを過ごしたと思うのです。


あと、奥武蔵の景色は綺麗だ。とても。
ガラケーしか持っていかなかったことを後悔してます。

この後、下山し西吾野駅から飯能へ帰り
自転車で自宅へ向かったのですが



帰り道、事故りました。


追い越してきたバスの車体と私の自転車のハンドルが接触した衝撃で
体がふっとんだのでした。
バスが回送だったのがせめてもの救いだった。

昔すぎて詳しい状況は覚えてないのですが
私は自分が車側に寄り過ぎたと思ってるし
バスの運転手さんは車道の端に寄りすぎたと謝ってるし・・・
という感じです。


バスとの接触事故でかすり傷程度で済んだのは
子ノ権現のおかげだったのかもしれません。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
長文、最後までお付き合い頂きありがとうございます。


人気ブログランキングへ
今回なつかしい写真見てたら、また奥武蔵に行きたくなりました。


西武秩父線めぐり、したいですね。
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト
Page.148

こんにちは。かのえかな です。
今回は私が初めて一人旅をした場所である
西武秩父線の西吾野駅の動画を投稿しました。



埼玉県民が初めての一人旅に埼玉行ってやんの(笑)



と、笑わずに見てやってください(´;ω;`)
私、埼玉大好きなんです。

ちなみに画像はすべて、ガラケーによるものです。
しかも超古い機種の。だから全体的にモヤがかかってます。
それが西吾野をより一層幻想的に見せてる気がする・・・。
え?そんないいもんじゃないって?スミマセン。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
いつも読んで頂き、ありがとうございます。


人気ブログランキングへ
次回は西吾野駅のエピソード編を書きたいと思います。


お好きなバナーから応援クリック頂けると、嬉しいです!!

このエントリーをはてなブックマークに追加

かのえかな

Author:かのえかな
在住地:埼玉県
年齢/性別:腰痛持ちのアラサ―女性(独)
旅行以外で好きな物:野球観戦、音楽(ジャンル問わず、懐メロ系)、読書

【旅先で注目するもの】

→ご当地マンホール、百貨店、スーパーマーケット
→食べ歩きできるご当地グルメorB級グルメ
→地方紙の新聞社の本社
→町に住む猫
→神社やお寺、公園、庭園

【電車旅にハマったきっかけ】

→パニック障害の治療の一環で電車に乗る練習をしたことから。(今も新幹線は苦手・・・)

【旅のコンセプト】

→お金をかけない。
→駅を基点に歩ける範囲で。(例外あり)

【ブログ運営の目的】

→大型観光地のみならず、身近な場所にも楽しめる場所があることを自身が感じつつ、伝えたい。
→駅を基点に、その地域ならではの「普通」を堪能しつつ、伝えたい。
→パニック障害や心の病で外出が困難な方に、近場からでも
外に出る楽しさを取り戻して頂けたら・・・。

【夢や目標】
→一生かかってでも、日本中の駅を訪ね、散策してみたい。
→コミュニケーション能力を磨いて旅先の方との会話から
地域の情報を得られるようにしたいです。

動画、ブログ、共に探り探りの状態での更新ですが
よろしくおねがいします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。