QLOOKアクセス解析
2017 / 04
≪ 2017 / 03 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - - - 2017 / 05 ≫
Page.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Page.197

~大泉洋の語呂合わせで有名な岩宿遺跡~


岩宿遺跡・・う~ん・・社会科は得意な方だったけど
中学校の歴史の授業で習った記憶はない。

岩宿遺跡は群馬県にある旧石器時代の遺跡。

昭和21年、相沢忠洋が発見したことによって
日本列島にも旧石器時代に人が住んでいたことを証明した
非常に歴史的価値のある遺跡である(らしい)。

もちろん、国の史跡に指定されてます。

最近では、大泉洋さんの語呂合わせで注目されてるそう。
ちなみに、その語呂合わせとは

群馬くん(群馬県)
イワシ食い過ぎ(岩宿遺跡)
船頭気分か?(先土器文化)


大泉洋さんとファンの方に申し訳ないのですが
個人的にはピンとこない・・(´・ω・`)
発想がすごいとは思うのですが・・。

岩宿遺跡の詳細は、岩宿博物館のホームページからご確認ください。

~岩宿遺跡の最寄り駅・岩宿駅~


今回の駅トホは
そんな岩宿遺跡の最寄り駅である
両毛線の岩宿駅



グーグルマップでは
岩宿駅から岩宿遺跡は歩いて18~21分。

公式サイトでは、徒歩25分と書かれている。

う~ん・・間をとって
ここでは20分と書かせてもらおう!

257jajaj.jpg

ウィキ情報によると
2014年の1日平均乗車人員は1.234人。

素朴な瓦屋根の駅舎のイメージからは
予想外の人の多さ。
しかも2005年以降、少しずつであるが
増加傾向にある。

274houjsehoyuu.jpg

ウィキの年表を見る限りでは
昭和11年3月に駅舎を改築した以降は
特に駅舎に関する記載はない。

ってことは、今の駅舎は昭和11年に造られたものってこと?

302ijajaisja.jpg

267jajsijaisja.jpg

それにしては、かなりキレイ。
どこもかしこも、手が行き届いている。
(ほうきが置いてあるがその証拠!)

268shaousajoijow.jpg

271jakaosue.jpg

こうして愛情をたっぷりかけてもらってる
駅舎を見ると、こちらまで癒されるから不思議。
電車で旅して良かったと思える瞬間です。


~岩宿駅は周辺も昭和だった~


改札を出て、駅周辺も見てみました。

駅前で、私を出迎えてくれたのは
暑さですっかりグダってしまっている
フワフワ・モコモコの猫。
(夏の18きっぷで訪問)

nekonoamso001.jpg

にゃん子がゴロゴロしている駅前というのは
今のところ、岩宿駅だけです。
のどかだなあ・・癒される。

277shaouswe.jpg

ほかには、明らかに昭和な自販機が
使われないまま放置されていたり

301sagasjowpt.jpg

昔懐かしい、たばこ屋の看板もありました。

ちょっとタイムスリップした気分。

岩宿遺跡に行けなかったのは残念だったけど
岩宿駅の駅舎を見れただけでも、大満足です。

駅ホームに立っていると
セミやらニワトリの雄叫びが聞こえたのもいい思い出だぁ。
当時は暑くてかなわん・・って感じだったけど(笑)

283masdosao.jpg

そうそう、駅の近くで見つけたマンホール。
子どもの頃読んだ『花さき山』の絵にそっくりなんだけど
やっぱ、同じ人が描いたものなのだろうか?

特徴的で、良いマンホールです。


ちなみに、こちらが花さき山

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
今回もお付き合い頂き、ありがとうございます。


人気ブログランキングへ
岩宿駅の駅舎は、いつまでも残っていて欲しいものですね。


よかったら、お好きなバナーから応援お願いします。
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト
Page.196

~夏の18きっぷで初めての両毛線~


昨年の夏、18きっぷで初めて両毛線に乗った時
途中下車したのが岩宿駅

日本史の授業で

日本にはないと言われていた旧石器時代が
存在すると証明されたのだ!!


・・と、教わった人も多いであろう
岩宿遺跡の近くにある駅です。

なんて、まるで知ってたかのように語ってますが
岩宿遺跡のことを知ったのは
岩宿駅を訪れた後だったりします。

だって私、世界史Bを選択してたんだもん・・・。

最近になって
「日本の歴史を分かってた方が旅をより一層楽しめる」
・・と、友人からもらった日本史Bの問題集をもらって
勉強を始めて、それで岩宿遺跡のことを知ったのでした。

日本の歴史において、本当に価値あるものなんですね。
(分かってんだか分かってないんだか風)

岩宿駅に行く前から、このこと知ってたら
真夏の暑い中でも無理して岩宿遺跡行ったのに~。
と、今さらながら後悔。

まあ、いつか機会があれば行けばいいかな?


数ある両毛線の駅の中で
岩宿駅を選んだのは
駅舎が素敵だと思ったから。

赤茶色の瓦屋根と
濃紺の板に白い文字で書かれた
駅名看板という色の組み合わせ。

そして、温かみのある木造駅舎・・。
これぞ、電車旅って感じですよね。



夏ってこともあり
セミやら色んな虫が鳴いてます。
あと、どこにいるのか不明ですが
ニワトリもよく泣いてたのが印象的です。

夏の暑さに負けて
広範囲の散策はできませんでしたが
駅舎や駅周辺の、のどかな雰囲気は
味わえると思います。

よかったら動画、見てやってください。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
今回もお付き合い頂き、ありがとうございます。


人気ブログランキングへ
次回は岩宿駅のエピソード編です。


よかったら、お好きなバナーから応援お願いします。
このエントリーをはてなブックマークに追加

かのえかな

Author:かのえかな
在住地:埼玉県
年齢/性別:腰痛持ちのアラサ―女性(独)
旅行以外で好きな物:野球観戦、音楽(ジャンル問わず、懐メロ系)、読書

【旅先で注目するもの】

→ご当地マンホール、百貨店、スーパーマーケット
→食べ歩きできるご当地グルメorB級グルメ
→地方紙の新聞社の本社
→町に住む猫
→神社やお寺、公園、庭園

【電車旅にハマったきっかけ】

→パニック障害の治療の一環で電車に乗る練習をしたことから。(今も新幹線は苦手・・・)

【旅のコンセプト】

→お金をかけない。
→駅を基点に歩ける範囲で。(例外あり)

【ブログ運営の目的】

→大型観光地のみならず、身近な場所にも楽しめる場所があることを自身が感じつつ、伝えたい。
→駅を基点に、その地域ならではの「普通」を堪能しつつ、伝えたい。
→パニック障害や心の病で外出が困難な方に、近場からでも
外に出る楽しさを取り戻して頂けたら・・・。

【夢や目標】
→一生かかってでも、日本中の駅を訪ね、散策してみたい。
→コミュニケーション能力を磨いて旅先の方との会話から
地域の情報を得られるようにしたいです。

動画、ブログ、共に探り探りの状態での更新ですが
よろしくおねがいします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。