QLOOKアクセス解析
2017 / 07
≪ 2017 / 06 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - - 2017 / 08 ≫
Page.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Page.231

ong001.jpg

午前8時3分に石巻駅出発の電車に乗り
約30分後、女川駅到着。

「朝早すぎた~」とは思ったけど
今後のスケジュールを考えると
いたしかたない。

ホームに降り立った途端
目の前には、立派な新駅舎が。

ong002.jpg

女川復興のシンボルとされているらしい。

立派なんだけど、外壁が木材なので
ローカル駅らしい温かみもある。
ちなみに、この外壁は地元宮城県産の杉板なんだそう。


3階建てというだけあって
天井が高い高い。

ong003.jpg


女川町の鳥・ウミネコの羽に見立てた
白い屋根の丸みを帯びたデザインに沿うように
木材が網目模様みたいに組み込まれている。


私は、この天井がすごく好きになってしまった。
そういえば、高知駅でも天井に惚れてしまったな。
どうやら私は、駅舎においては天井フェチらしい。


ong004.jpg

駅前は赤いタイルで舗装された広場になっている。
赤だけに、垢ぬけて・・いや、なんでもないです。
とにかくオシャレで、遊園地や水族館へ続く道みたいだ。


近くにあった、未来予想図を見ると
この広場を歩き、駅前の大通りを渡ったら
すぐに商店街エリアに入り
その先にはメモリアル公園があって
港を見渡せるビュースポットになるんだそう。

ong005.jpg

今工事中だけど
この通りのわきに商店街ができるみたい。
完成、めっちゃ楽しみですね。

個人的に、デートにピッタリな場所だと思う。
だって、駅を出たらすぐ
買い物やグルメを堪能できるエリアがあって
その近くには良いムードの公園もあって
そっからは海が見渡せるんですぜ。

手軽に美味しいとこ取りできるから
退屈したり、歩き疲れて雰囲気悪くなったりとか
そういう心配がないじゃないですか。

石巻駅からのアクセスも楽だし。
駅ナカに温泉や足湯もあるし。

そんなことを妄想してたら
なんか泣きたくなってきた・・(´・ω・`)
本当にデートスポットで人気出ちゃったら
私は再訪できるのだろうか。

ong006.jpg

そんな私の(無益な)心配をよそに
女川の皆さまは朝早くから
バリバリ働いてらっしゃいました。

工事中の女川駅前の
歩けそうなエリアを歩いていると

「あがいんステーション」


と、書かれた看板を発見。

どうやら、女川の特産品販売や
水産業体験・調理実習ができる
人気スポットらしい。

訪問時は営業時間外で
(当たり前だ)
店内を見ることができなかったけど
女川を訪ねたときは、行ってみると良いかもです。
あがいんステーションホームページ

ong007.jpg

これ以上うろうろしても
工事現場の方の邪魔になりそうなので
歩道を歩きつつ、女川港を見渡せる場所を探すことに。

写真の女川街道を渡ったところに
ありました、ビュースポット。

ong008.jpg

ムービーのキャプションなので
画質が悪くてすみません。

緑に包まれた女川港には
ウミネコが元気に飛んでいましたよ。

ong009.jpg

こちらは、女川魚市場方面。

おそらくこのエリア周辺に
カタール政府の援助によって作られた
「マスカ―」という冷凍冷蔵施設があるんだけど
参考サイト

すみません。
事前に見た写真と光景が変わってて分からない・・。
それだけ、目まぐるしく女川が生まれ変わってるってことですね。
(あるいは、私がバカなのか)


ひと通り海を見たことで満足して
女川駅に戻ると
駅ナカの物産展がオープンしてました。

ong010.jpg

今回の旅行のお土産は
全部、女川で買おうと決めてたので
ほっと一安心(笑)


何を買ったとか
感想・エピソードは
次回の記事に回します。


ong011.jpg

ちなみに中に入るときは土足禁止。
木でできたロッカーに靴を預けます。

このキーホルダー可愛いですよね。
女川駅、何から何までオシャレやなぁ・・。

ong012.jpg

今回の散策、たいした距離は歩いてないのですが
石巻駅でハッスルしたせいか、めっちゃ疲れました。
石巻駅で朝っぱらから240の石段を登る話

なので、最後の15分くらいは
物産展の休憩スペースで
かぼちゃあんぱんとラムネを片手に
休ませてもらいました。

ong013.jpg

最後に女川駅で見たマンホールのご紹介。

こちらは女川町の鳥・ウミネコの周りを
桜の花びらが舞っている図です。

「きらきらいきいき」と


キャッチコピーが入ってるマンホールは初めて見ました。

ong014_20151019131721664.jpg

こちらは仕切弁の小さいマンホール。

基本、小さいタイプは撮影しないのですが
女川町のマスコットシーパルちゃんが描かれてたので、つい。

仕切弁にイラストが入ってるタイプって
珍しいかな~と思ったのです。


女川に関するブログやサイトを色々見ましたが
撮影した時期によって、町の風景が全然違います。

「新しく生まれ変わる」


をスローガンにしている女川らしいですね。

私が撮影したのが約1ヵ月半前。
この画像も今となっては
「ふっる~!」って感じなのかな。

観光スポットとして見所たくさんの女川。
これからが、本当に楽しみですね。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
最後まで読んで頂き、ありがとうございます。


人気ブログランキングへ
次回は女川駅で買ったもの報告です。


応援クリックや拍手、ツイートなどなど・・いつも感謝しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト
Page.230

今回の動画は
2015年の3月21日に復旧した
宮城県の「女川駅」を
訪問したときのものです。



震災当時は何度もテレビで
その地名を耳にした、女川。


町中にかかげられていたスローガン通り

「新しい女川に生まれ変わる」べく


駅舎も立派で美しく、そして温かい
駅舎として生まれ変わっていました


駅前の復旧も進んでいて
垢ぬけたデザインは、さながら
テーマパークの入口のごとし。


美味しい食べ物と、美しい自然に囲まれた女川。
そこに辿り着くまでの車窓風景も見事な女川。



そんな女川が
これからどんな風に生まれ変わるのか
超・楽しみなる散策でした





朝早い訪問だったせいで
メイン施設が開店前だったのですが

新しく生まれ変わるべく
朝早くから前進している
女川町の様子は伝えられる動画に
なってるのではないかと思います。
(多少は・・ね)

よかったら、見てやってください。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
最後まで読んで頂き、ありがとうございます。


人気ブログランキングへ
次回は女川駅のエピソード編です。


応援バナーや拍手、ツイートなど、いつも感謝しております。
このエントリーをはてなブックマークに追加

かのえかな

Author:かのえかな
在住地:埼玉県
年齢/性別:腰痛持ちのアラサ―女性(独)
旅行以外で好きな物:野球観戦、音楽(ジャンル問わず、懐メロ系)、読書

【旅先で注目するもの】

→ご当地マンホール、百貨店、スーパーマーケット
→食べ歩きできるご当地グルメorB級グルメ
→地方紙の新聞社の本社
→町に住む猫
→神社やお寺、公園、庭園


【旅のコンセプト】

→お金をかけない。
→駅を基点に歩ける範囲で。(例外あり)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。