QLOOKアクセス解析
2015 / 07
≪ 2015 / 06 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - 2015 / 08 ≫
Page.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Page.189

昨日の京浜東北線・蕨駅の事故に続き
今日は高崎線の籠原~深谷駅間で線路陥没が起こってますね。
12:35には運転再開したみたいですが・・・。

しっかし、なぜ線路が陥没したのですかね。
ニュース見ても詳細が分からないんだよなあ。
高崎線も埼玉県民として縁がある路線のひとつなので
ちょっと心配なのでした(^-^;)

さて、前回は高校野球の埼玉決勝戦に夢中になってしまい
脈絡もない話を書きつづってしまったので
今回は駅トホ動画の投稿を・・・。

youtube、新しい動画を投稿しました!



ゆりかもめの「日の出駅」です。
水上バスのりばの桟橋があることで
有名な駅ですね。

散策中に大量の風船が飛んできたので
風船の出所に従うように
気ままに歩いてます。




あともう1本はニコニコ動画から。


こちらはyoutubeではすでに投稿済みの
特急はくたかの車窓動画です。




ニコニコ動画はしばらく放置気味だったので
これからは、もう少しこまめに
動画投稿をしようと思います。
(前もこんなこと言った気が・・)

はくたか車窓動画は2014年の1月に撮影。
冬の車窓です。
暑さを少し、癒してくれる・・かも?です。

youtubeもニコニコ動画も
よかったら、見てやってください

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
最後まで読んで頂き、ありがとうございます。


人気ブログランキングへ
次回はゆりかもめ・日の出駅のエピソード編の予定です。


暑くて過ごしにくい時期が続きますが、夏バテ・熱中症・夏風邪に気をつけてお過ごしください。
(私の周りでは大流行中・・・)
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト
Page.188

なんか、京浜東北線の蕨駅でトラブル起こってますね・・・。

今日は高校野球埼玉県大会の決勝を見たくて
休みをとっていたので、私は巻き込まれずにすみましたが。
(このために休日出勤をしたのです)

埼玉から東京に向かう人は大変だったろうな。
高崎線や宇都宮線も運転見合わせたらしいし。
埼京線フィーバーしたんやろか?


一方の高校野球は・・・
私は初めて白岡高校を見たのですが
これまで見てきた人からすると
「らしくない」みたいでビックリています。

白岡高校野球部のプレイを見てファンになったらしく
テレビ画面越しにやきもきしてます。

ナレーターさんも
「決勝のプレッシャーにのまれているのかな?」
と言っていたので、そうかもしれませんね。

千葉みたいなミラクルが起こるのかな?


・・・と思ったら9回表で白岡フィーバー始めましたね!
ヒットが出る出る&徳栄ストライクが入らない!


2アウト満塁でピッチャー交代。
そこで登場した打者が2ボール2ストライクからの
見逃し三振・・・からの号泣で

私ももらい泣きしてしまいました。

初めて見たから選手の名前も何も知らないのに(笑)
白岡高校、本当にお疲れさまでした。



花咲徳栄高校、甲子園進出おめでとうございます!
埼玉県代表として、頑張ってくださいね。

今日は脈絡のない、完全なる雑談回です。すみません。
夏は熱い野球がいっぱい見れて楽しいです。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
今回も最後まで読んで頂き、ありがとうございます。次回はちゃんと駅トホブログします!


人気ブログランキングへ
野球は好きだけど、詳しくはないです。贔屓のチームも特になし。


高校野球も好きだけど、都市対抗も大好きです!決勝楽しみ!
このエントリーをはてなブックマークに追加
Page.187

~パニック障害治療の一環で始めた旅~


今回は旅レポートの要素よりも、病気の話が多めです。
興味がない人にはつまらないかもしれません。すみません。

プロフィール欄にも書いてますが
私が電車で旅を始めたきっかけは
パニック障害の治療の一環です。

ただ「電車乗れるように頑張らなきゃ」と思うよりは
「電車に乗って降りた先で新しい景色を見たい」
という、頑張りの先にごほうびを用意しておいた方が
ゲーム感覚で楽しめると思ったから。
(今は、ほぼ純粋に旅を楽しんでますが)

特急はくたかに乗ろうと思ったのは
普通の電車(在来線)だけでなく
新幹線や特急列車にも
乗れるようになりたい、と考えたからです。

特急はくたかに乗る前に
親戚の法事のため
東京~名古屋間、新幹線を利用したことがあるのですが

乗車時にパニック障害の発作を起こすことはなかったものの
異常なほどの緊張感で
帰宅後2~3日、まともな生活が送れなかったので
新幹線に乗れなかったも同然と判断しました。

じゃあ、在来線と新幹線の中間にある
特急列車に挑戦してみようと決心!
そこで選ばれたのが在来線の特急、「はくたか」なのです。

hakutakagazou.jpg

~特急はくたかは、白いゆりかご~


そんな事情から乗ってみた「特急はくたか」。

前日の夜は緊張して眠れなかったし
越後湯沢駅に到着しても、緊張は続いてました。

gazouhakutakajanaikedo.jpg

この通り、雪が積もっていて
冬真っ盛りだというのに
寒さを全く感じなかったな(笑)

「いざとなれば、途中駅で降りれば、大丈夫」
「新幹線よりは駅と駅の間隔短いから、大丈夫」

自分にそう言い聞かせてる間に
「特急はくたか」が走りはじめます。

「いよいよ、始まった!」
緊張がピークに達したのでした。


・・・で、実際に走り初めてみると


ものっすごく、快適!!!


新幹線みたいなスピードを出さないせいか
妙な圧迫感を感じないし
(パニック障害になってから新幹線に乗ると
天井に押しつぶされそうな恐怖感に襲われるのです)

ほど良いスピードで揺れる車内は
ゆりかごのように感じられたのでした。

後日、ウィキ先生を読んでわかったのですが
特急はくたかの一部車両では
高速運転による車内気圧の変化を抑えるための
装置が設置されていたそうですね。

写真の通り、私の乗った特急はくたかは681系0番台。
この車両にも、その装置はあったらしいです。

私の感じる圧迫感って、気圧も関係してたと思うから
特急はくたかでトラブルなく乗車できたのは
この工夫のおかげかもしれない。
(実際、この後ほかの特急に乗ってグダってます)

そんな車内の気圧対策に加えて
窓の外、延々と続く真っ白な景色も効果的でした。

真っ白な雪は、モノの境界線をあやふやにして
視覚の中で膨張し
一歩間違えれば、恐怖感を与えそうだけど

当時の私には、安らぎを感じさせてくれたものです。

「ゆりかごみたい」と思ったところで
実際に眠れることはなかったけど

少なくとも乗車前よりリラックスしてたし
何より、特急はくたかに挑戦したことを
「やってみて良かった」と思えたのが
嬉しかったなあ・・・。

~さよなら、特急はくたか~


そんな思い出から
すっかり大好きになってしまった、特急はくたか。

北陸方面へ行くときには必ず利用しようと思ってたのに
2015年の3月13日に
運行を終えてしまったのでした。

もう一度、乗りたかったなあ・・・。
 
北陸新幹線の「はくたか」に乗れるのは
いつになるかな?



そんな特急はくたか乗車時に撮影した
車窓動画です。
今となっては懐かしい、車内放送も
少し入ってます。

暑いときに見ると、涼しくなれるかも?

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
最後まで読んで頂き、ありがとうございます。


人気ブログランキングへ
次回は雑談になってしまうかもです。


お好きなバナーから応援クリック、いただけると嬉しいです。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Page.186

ビバ!関東甲信 梅雨明け!


いや~ジメジメした暑さが続きますね。
どうやら、やっと関東甲信は梅雨明けしたようです。
私、天パなんで湿気による髪のうねりから
解放されただけでもハッピーですわ♪

いよいよ夏本番ですね。

高校野球の予選大会や
都市対抗野球にプロ野球オールスターと
野球好きの私は、こうしたイベントで
夏を感じます(笑)

梅雨明けは暑中お見舞いを送るに
適した時期だと聞いたことがあるので
今回は皆さまに涼しさを届けられるような
暑中見舞い動画をアップしました。

特急はくたか・冬の車窓動画をアップ


ずばり、冬の車窓動画です。
それも懐かしの特急はくたか!!



撮影した当時は寒くて寒くてかなわんかったけど
今見ると、雪がひんやしりて気持ちよさそうです(笑)


よかったら、ハーゲンダッツでも食べながら
のんびり見てやってください。

車内放送も少しは聴けるので
鉄道ファン的には懐かしさ倍増かもしれません。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
今日も最後まで読んで頂き、ありがとうございます。


人気ブログランキングへ
実は暑中見舞いって、仕事で1、2回送ったことあるかないかだったりします。


細かい作法やマナーを分からぬまま、動画で夏の挨拶をしてしまう
いい加減な私ですが、2015年後半戦もよろしくお願いします。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Page.185

2015年夏、7月20日に青春18きっぷ利用期間スタート


あと5日ほどで2015年夏の青春18きっぷの利用期間が始まりますね。
そんな訳で、自分がかつて18きっぷで大冒険(?)した飯田駅のエピソードです。



今回の駅は長野県にある「木ノ下駅」。
正直、何か目立つ観光スポットや
撮影地があるわけではないと思いますが
どうぞ、お付き合いくださいね。

飯田線の木ノ下駅を駅トホに選んだ理由


18きっぷで東京から大阪方面への移動。
東海道線ルートも中央本線ルートもすでに経験済みで
「ほかに面白い路線ないのかな?」
と地図を眺めていたところ、飯田線を発見!

駅がやたらと多くて
山の中をグル~っと周る謎路線。
それが、飯田線の第一印象でした。
もう、好奇心掻き立てられまくりです。

「飯田線!今回の18きっぷ旅は君に決めた!」
(ポケモンのサトシ風に)



東京方面から出発して、宿泊先は飯田駅近くのホテル。
辰野駅から飯田駅の間にある駅の中で駅トホ候補を決めなければ。
散策に使える時間は30~40分。
正直、あまりに見どころがありすぎる駅だと
時間が足りなくなる・・・どうする?

そんな考えの中、目に留まったのが「木ノ下駅」なのでした。

木ノ下駅の駅舎を眺める


私が住んでいる場所だって、埼玉県の片田舎だけど
最寄駅は、それなりに人の出入りが激しい。

そのせいか、ウィキペディアで人の気配を感じない
小さな小さな駅舎の駅を見つけてしまうと
珍しさから、好奇心を掻き立てられてしまう。

その駅舎が木造で趣深いかとか
コンクリート製で無機質な感じだとかは、関係ない。
小さくて愛らしい駅舎の真ん中に立ってみたくなるのだ。

kinosita002.jpg

木ノ下駅の駅舎も、私のそんな変わった趣味に
ドストライクだった。
ウィキ情報だと1997年に駅舎が解体されたかわりに
写真の待合所が造られたらしい。

そうか、これ、駅舎じゃないんだ。待合所なんだ。

横幅、縦幅ともに2メートルあるかないか程だったと思う。
10人入れば、ぎゅうぎゅうになってしまいそうな
小さな待合所。

白く塗られたコンクリートの壁には
運賃表や時刻表が貼られたほか
20センチ幅ほどの細長い窓がついていた。

kinosita001.jpg

待合室をくぐりぬけて、駅の外へ出てみる。
駅舎、いや待合室の入り口には
「箕輪町花 いわやまつつじ」と書かれた
大きな花の装飾が、木ノ下駅に彩りを添えていた。

ちなみに箕輪町にある「箕輪ダム」付近には
たくさんの「いわやまつつじ」が植えられていて
素晴らしいビュースポットとして人気らしい。
(でも箕輪ダムのニックネームは、もみじダムである)
参考:箕輪町観光協会ホームページ

箕輪町のことが少し分かったところで、散策開始。
駅前にあるメインストリートを
2~3分歩けば着く、箕輪南宮神社へ行くことにした。

箕輪南宮神社のケヤキの偉大さ・・私には早すぎた模様


kinosita003.jpg

1797年に造堂され
箕輪町指定の有形文化財にもなっている
箕輪南宮神社。

本来なら三州街道方面から参道を通って
参拝するべきなのだろうけど
木ノ下駅からだと、遠回りになるので
写真の小さな鳥居をくぐって入ることにした。

正直言って、町の小さな神社としか感じない。
でもここには樹齢550年とも言われる
立派なケヤキがあるのだ!

kinosita004.jpg

この写真だけでも
いかに立派なケヤキかということは
“ある程度”は伝わると思う。

でも、ケヤキの立派ぶりを伝えるために
ちゃんと全体像を撮るべきだったと
今になって、後悔。

全体像を丁寧に撮影したのは
鳥居の横にあった謎の大きな木のほうでした。



だって、切り落とした枝の上に
アルミ箔でフタしてたのが不思議だったんだもん(´・ω・`)
※ムービーで撮影したので、ぜひ動画でご確認ください※

「何事も数を重ねることで上手くなる」

これは、娯楽の一種である
「旅行」にさえも、当てはまるらしい。

木ノ下駅を散策したのは
私が電車旅にハマったばかりのころで

訪問先の見どころは何か?
それはどこにあって、どんな歴史があるのか?
なんて、全く考えず

見どころののケヤキではなく
よく知りもしない木を熱心に見てしまった
自分の未熟さを、木ノ下駅散策から2年経った今
当時撮影したものを見直して、痛感しているのでした・・。

学生であふれる木ノ下駅


木ノ下駅散策では、大雨に遭ってしまい
これ以上歩きまわる気力も体力も無くなった私は
箕輪南宮神社を訪ねた後は、まっすぐ木ノ下駅へ帰ることにした。

・・・と、木ノ下駅の駅舎(待合室)に
黒い人だかりが。
人が入りきらなくて、入口付近にも
人があふれている。

kinosita005.jpg

時間を見たら16時過ぎ。
どうやら学生さんの帰宅ラッシュと
重なってしまったらしい。

雨だから普段はホームで待っている人も
みんな待合室に集まっているのだろう。

ぎゅうぎゅうになった待合室を窓からのぞくと
隅っこに、ほんのわずかだが空きスペースを発見!
友達と喋ってる学生たちには足りないスペースだけど
ぼっちの私なら充分の広さだ。

「すみません・・・」と
地元民におどおどしつつ、待合室に入り
隅っこで小さくなって、飯田駅方面へ行く電車を
じっと待ったのでした。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
最後まで読んで頂き、ありがとうございます。


人気ブログランキングへ
天気が良ければ、天竜川も見に行きたかった・・・。


お好きなバナーから応援クリック、いただけると嬉しいです。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Page.184

~飯田線・木ノ下駅の動画をアップ~


鉄道ブログらしく、久々に駅トホ動画をアップです。
今回は秘境駅がいっぱいの飯田線から
「木ノ下駅」をピックアップしました。

木ノ下駅は2013年春、2週間かけての
青春18きっぷ旅行をしたとき、最初に散策した駅です。
出だしが雨どしゃ降りで大変だった記憶があります(笑)

そんな訳で、広範囲に渡っての散策はしていませんが
飯田線の無人駅ならではの落ち着いた雰囲気は
伝わるのではないかと思います。



よかったら、見てやってください。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
いつも、ありがとうございます。


人気ブログランキングへ
次回は木ノ下駅(飯田線)の散策エピソードです。


お好きなバナーから応援クリック、お願いします。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Page.183

先週末は仕事やら私用やらで
大好きなプロ野球が見られなかったので
今日はニコ生でタイムシフト予約した
7月4日のDeNA×阪神戦を観戦中です(笑)



上本選手の初球バースデー・ホームランに
思わず「うそでしょ」と笑ったり
上本選手が選手会長だったことを今さら知って
ビックリしたりと、良い駆け出しです(笑)

どんな試合になるか、楽しみだわ~。
やっぱ野球観戦は楽しい!
なんというストレス発散方法でしょう!
球場に行って野球見たいぞ!

いかん、駅トホブログが野球熱を
おびてきてしまった・・・。
ここからは、本題を。

駅トホ動画、基本はYoutubeでアップしてて
尺が比較長いものだけはニコニコ動画でもアップしてたのですが

ここしばらく(しばらく=約4カ月)
尺が長い動画を作ってなかったようで
投稿が完全に止まっていたので
尺が短くても良いからアップすることにしました。

というわけで、「近江今津駅」と「オレンジタウン駅」
の動画をアップしました。



近江今津駅(滋賀県/湖西線)の駅トホ動画と



オレンジタウン駅(香川県/高徳線)の駅トホ動画です。

さくっと終わる動画なので
よかったら、見てやってください。

詳しいエピソードはすでに駅トホブログで
投稿済みです。こちらも、よかったらどうぞ。

駅トホ・エピソード編:近江今津駅からヴォーリズ通りを歩く

駅トホ・エピソード編:オレンジタウン駅の周辺を歩く

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
今日も最後までお付き合い頂き、ありがとうございます。


人気ブログランキングへ
現在、新しい駅トホ動画作成中です。


次回の更新では、新しい動画が発表できるかな・・と思います。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Page.182

さて、長々と書いてしまった長瀞での母娘旅も
今回で最後です。
前回の通り、天然水のかき氷を阿佐美冷蔵食べたを後
宝登山神社へ向かって歩いたのでした。



長瀞駅から阿佐美冷蔵まで徒歩5分。
これまで歩いて来た通りを
さらにまっすぐ10分ほど歩いたら
宝登山神社に着きます。
なんて分かりやすいんだ・・長瀞観光便利すぎる。

hodosan001_20150706095805948.jpg

~火災盗難よけで有名な宝登山神社~



宝登山神社は秩父神社と三峯神社と並んで
秩父三社と呼ばれています。

ざっくりと説明すると
日本武尊(ヤマトタケル)がここに来た際
四方八方を火の手に囲まれてしまい
動けなくて困っていたところ

道案内をしてくれていた巨犬が
火の中に飛び込んできて、火を消し止めてくれたのだそう。
火を止めた山から「火止山」と呼ばれ、それが次第に
「宝登山」となったのだそう。

2011年のフランス版ミシュラン・ガイドで
ひとつ星も獲得しています☆

hodosan002.jpg

金運アップのパワースポット・宝登山神社


ちなみに、こちらの宝登山神社。
「宝に登る山」ってことで金運招福や商売繁盛としても有名で
金運アップのパワースポットとしても知られています。

ロープーウェーで山頂へ登れば
奥宮もあるのですが(こちらの方がパワーが強いらしい)
母が体力的に限界に達してしまったようなので
私たちは奥宮を見ずに帰ってしまいました。

hodosan003_20150706095807581.jpg

宝登山神社の本殿は
中国風のカラフルな造りでとっても綺麗でした。
新緑の緑に包まれて赤、青、金で彩られた彫刻が
ピカピカ輝いてるように見えた記憶があります。

hodosan004.jpg

本殿周辺はぐるりと歩きました。
公式ホームページの案内図を見たら
かなり大きいように感じたのですが
私としては、たいした距離ではなかったと思います。

20分あれば充分見て周れる感じです。

hodosan005.jpg

ちなみに写真は宝登稲荷神社。

宝登山神社公式ホームページはこちら

人が多すぎず、かといって人気のない場所でもなく
駅からのアクセスも便利で本殿も美しい・・。
なにもかもがちょうど良い宝登山神社なのでした。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
最後まで読んで頂き、ありがとうございました。


人気ブログランキングへ
とりあえず、これで埼玉、いや秩父長瀞びいきはひと段落つきました。


応援クリック、お待ちしています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Page.181

長瀞名物、天然水かき氷を食べよう~

長瀞で思い浮かぶものといえば?」
・・という質問をしたら
「天然水のかき氷!」と答える人が
1番多いのではないかと思う。

頭がキーンと痛くならない天然水のかき氷。
都内でも食べられる場所はいくつかあるけど
やっぱり元祖の長瀞で食べてみたい!

そんなわけで長瀞駅から徒歩5分
「天然氷蔵元 阿左美冷蔵 寶登山道店」へ
行くことにしました。



ライン下りをする荒川がある方面とは
反対方向にひたすらまっすぐ歩きます。
そのうち行列が見つかるので
嫌でも店は分かるでしょう(笑)

本店は上長瀞駅にある“金崎本店”
なんですけどね。
かき氷食べた後に寶登山に行く予定だったので
こちらを選びました。

~天然氷蔵元 阿左美冷蔵、6月の混雑状況は?~

・・と、ここで気になるのは
待ち時間ですよね。

長瀞の6月は、1年の中で最も観光客が少なく
(旅行前に調べたサイト、どこか忘れてしまった)
おまけに私たちがいた日の天気予報は、雨。
それほど、並ばずに済むだろうと予測してました。

開店時間は10時。
私たちが着いたのは11時前かな?
遠くから見ても、それと分かる行列が
すでに、ありました(笑)

普段行列とは無縁の私たちは
最初ドン引きしてしまったのですが
結局並んだのは30分くらい。
4時間待ちが当たり前のピークの頃と比べたら
可愛いもんですね。

ちなみに長瀞のお土産屋さんに聞いたところ
真夏のピーク時には
並んでる途中で倒れてしまう人がいるらしく
阿左美冷蔵専門の救急車が用意されるらしい(笑)

かき氷で涼みに来たのに
本末転倒とは、このことですね(^-^;)

~真っ白な氷の山とのご対面~ 

並んでいる間にメニューを見て
入店と同時に注文、そしてテーブルで会計。
すると、あっという間にかき氷が出てきました。

nagatoromesi003.jpg

「これ、こぼさず食べれるの?」
「とける前に食べきれるのかしら?」

・・・って思わずツッコミいれたくなるほど
ボーリューム満点の白い氷の山。

ちなみに私が注文したのは
ブルーベリーミルク。
一番有名なのは蔵元秘伝みつらしいのですが
中に入ってる白あんが食べられないので
断念しました。

シロップをダバダバかけて、さっそく一口。

nagatoromesi004.jpg

フワフワ・・いや、フワッフワ!
ブルーベリーシロップも甘酸っぱくて美味しい!

真ん中から穴を掘るようにくずして食べていったのですが
周囲の氷がとけてこぼれることが一切ないのに驚きました。
天然水かき氷、頭が痛くならないだけでなく
とけにくい強靭さも持ち合わせているようです。

ブルーベリーだけでも充分美味しすぎて
夢中になりすぎて、途中まで
ミルクをかけるのを忘れてしまいました。
(どんだけ無我夢中やったんや・・)

ミルクかけも、もちろん美味!
これだけのボリュームも飽きずに完食出来ちゃいました。

店内はカップルと家族連れ
(それも複数の家族での団体旅行)が
非常に多かったです。

埼玉が誇る絶品のかき氷
よかったら、皆さんも食べてみてください。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
最後まで読んで頂き、ありがとうございます。


人気ブログランキングへ
次回も長瀞編で「寶登山」をピックアップです。


応援クリック、お待ちしています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Page.180

今日からは長瀞の温泉旅館(長生館)以外の場所で食べた
長瀞名物について書いていきたいと思います。

ランチでお世話になったのは
ライン下り発着所や長瀞玉淀自然公園そばにある
『丹一』(たんいち)というお店。

店構えがキレイと母が気に行ったので
下調べもなく、勢いで入ってしまいました。

母と私は、それぞれ「舞茸天ぷらとざるそばのセット」を注文。
そして、名物の鮎飯をひとつ頼んで、シェアすることに。

店内は純和風のきれいな造り。
屋外で食べる席も用意されていたのですが
蚊がブンブン飛んで落ち着かないので断念しました。
(時期的にしゃーないね)

最初に名物・鮎飯がご到着!


nagatoromesi001.jpg

写真の撮り方、下手くそで済みません。
鮎がネギのふとんをかぶって寝ているかのようです。
(目、開いてるけどな)

食べ方が良く分からないので
とりあえず、しゃもじで鮎の身をほぐして
ごはんとまぜまぜ。

鍋底のおこげもバリバリとはがして
お茶碗に盛りました。
さっそく一口・・・もぐもぐ。
あ、美味しい!

何で味付けしてるか、正確なところは分かりませんが
感覚的には「塩+ごま油」っぽいです。
これに鮎の白身の淡白さと
魚特有の内臓?の苦みがプラスされて、複雑な味にしてる感じ。

ごはんは、かなり柔らかめです。
でもそれが、かえって食べやすさを作りだしてる気がします。
鮎飯、気に入ったぞ!
では、そばと舞茸の天ぷらも頂きますか。

nagatoromesi002.jpg

オシャレな盛り付けですね。
天ぷらのボリュームが、かなり多く
もう1年分の天ぷらを食べた気になりました(笑)

スーパーで舞茸を買うときは
こんな大きな塊で売られてないから
大好きな舞茸に大口開けてかぶりつけたのは
かなり幸せ。

そばも美味しかったです!

そういえば、私たちの横に座った女性2人組が店員さんに
「鮎飯ってどんなの?」と聞いたところ
私たちの席にある鮎飯を指して
「あんな感じです」と言ったのには笑いました。
(しかも食べ掛けで、きちゃないという・・・)

自分もかつてはウエイターのバイトをしたことありますが
他人の席をネタに使うのは、ありえませんでしたからね(笑)

こういう田舎の観光地特有の
ゆる~い接客、私は嫌いじゃないです。

・・・と、まあ私たちは楽しく食事してきたのですが
食べログで確認すると、あまり評判の良い店ではないみたいですね。

でも、気にしない。
旅先での食事、私は基本的に口コミで下調べはしません。

まずけりゃまずいで良い思い出(ネタ)になるし
口コミで良かったから・・という先入観に惑わされて
美味しくないものを美味しいと思い込むのが一番嫌なので。

私が美味しいと感じれば、それでいいのさ!

いまのところ
クッソ不味い!って店には会ったことないです。

めっちゃ美味しい!と思って後から調べたら
有名な店だったというのはありますが・・・。

旅行中の食事や店選びは自分の感覚と直感を大切にしたいものです。
口コミを知らない母も、とっても良い店と喜んでました。

まあ、さんざん口コミディスっといて
私も食べログに口コミ投稿してるんですけどね(笑)
まだ6件くらいしか書いてませんが
よかったら、見てやってください。
かのえかな (1人旅のひとりごはんを記録中)のモグモグ♪レポート



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
最後まで読んで頂き、ありがとうございます。


人気ブログランキングへ
次回は長瀞グルメの中でも1番人気のかき氷をピックアップです


これからも、よろしくお願いします!
このエントリーをはてなブックマークに追加
Page.179

貧乏人の鉄道ブログらしからぬ
3日続けて書いた高級旅館・長生館編も
今日で最後です。
客室・食事と来たので、最後は旅館の館内施設について
書いていきます。

~皇后美智子さまが座った「しあわせの椅子」~



長生館の名物(?)として
旅館入り口にある
「しあわせの椅子」があります。

皇后美智子さまがいらしたときに
座った石でできた椅子です。

nagaoi001.jpg

写真で見た時には予想できなかったのですが
かなり小さい!
細長い背もたれを含めても
1メートルなさそうです。

なので、最初はしあわせの椅子を見つけられませんでした。

母と探していたら旅館の方が声をかけてくださり
「入口にあります」と案内して下さいました。
つまり、チェックイン時に気づかずスルーしてたわけですね。

今は仕切りの奥に飾られ
座れないようになっています。
というのも、お子さんが
「うわーい」とからみついたところ
壊れてしまったらしい。

小さいうえに、か弱い椅子だったようです(笑)

でも、縁起良いことに変わりないから
スマホで撮って、ときどき待ち受けにすることにしました。

~観光地へ行かなくても充実した時を過ごせる長生館の庭園~


nagaoi002.jpg

長生館とライン下りができる川は目と鼻の先にあります。
しかも、旅館と河原へ直接行ける
小道も用意されているのです。

その小道へ行く途中にあるのが
大きくて、美しい庭園。

nagaoi003.jpg

私たちが散歩したときには
庭師の方がお手入れされていました。
(写真にちらりとうつってます)

結構な広さで、珍しい植物もたくさんあり
じっくり見たら、なかなか時間もかかる。
観光地へ行かずとも、旅館内で
充実した時を過ごせるというのが
さすが、長生館!という感じでした。

nagaoi004.jpg

このほかにも、大衆浴場の
檜風呂がリニューアルしたてで
(ちょうど私たちが宿泊した週だった)
香りのよい温泉にゆっくり浸かれたことも最高でした。

鮎の解禁日に檜風呂のリニューアル
おまけに雨天の予定だった天気も快晴!
本当になにもかも、タイミングに恵まれていて
旅の神様に感謝です。母に良いプレゼントができて良かった。

nagaoi005.jpg

そうそう、庭園の中にはこんな小さな鳥居もありました。
ちょうど私たちが宿泊した客室の目の前にある感じです。
長生館を見守る神様なのかな?

贅沢な時間を過ごしたいときや
大切な人に素敵な時間をプレゼントしたいときに
ぜひぜひお勧めしたい場所です。
埼玉もなかなか捨てたもんじゃない!
長生館さん、ありがとうございました。

ちなみに、長生館のHPはこちらから。檜風呂も見れますよ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
最後まで読んで頂き、ありがとうございます。


人気ブログランキングへ
次回は長瀞のグルメ情報を(といっても自分らが食べたものだけど)書いていく予定です。


もうしばらく、私の埼玉県びいきにお付き合いください<(_ _)>
このエントリーをはてなブックマークに追加
Page.178

今回も予告通り母娘旅編です。
前回は長生館の露天風呂つき客室を
ピックアップしたので
今回は、長生館でのお食事について
書こうかと思います。

~長生館でのお食事は部屋食か個室レストラン~


nonogaga001.jpg

私は今回の宿泊を「じゃらん」で予約したのですが
その際、一応の希望として
部屋食かレストランかで選べるようになってました。

めったに経験できない「部屋食」を選んだのですが
宿泊数日前に長生館から電話がきて、わざわざ
「部屋食は難しいのですが、よろしいですか?」
とご確認の連絡をしてくださったのでした。

注意書きに一応と書いてあったのだから
どちらでも大丈夫なのに・・親切。
さすがっす。

~長生館で「鯉のあらい」を初体験~


ってことで、温泉を楽しみつくした後
レストランへ向かう私たち。

部屋から歩いて2、3分の場所だけど
そこまでの景色がまた綺麗で
母娘そろって写真撮りまくりでした(笑)

それにレストランといっても、完全な個室。
結局、部屋食たいなものだ。

入り口でスリッパを脱いで入ると
目の前には昔話に出てきそうな囲炉裏が現れた。
そういや名前は『囲炉裏庵 花水木』だもんな。

スタッフさんは皆、気さくで親切。
マニュアル通りのこと言ってる感じではなく
堅苦しくないから、こちらも接しやすい。

雑談しながら部屋に通してもらい
さっそく食事開始。
メニューについてはスタッフさんが
丁寧に説明してくれます。

部屋の美しさや料理のボリュームに
母はとっても驚いて
そりゃもう「高かったんじゃないの?」と
料金まで気にするほど驚いてました(笑)

nonogaga002.jpg

そんな雰囲気にのせられてか
以前テレビで見た時には
「引くわ~。絶対、食べれない」
とまでディスっていた鯉のあらいも
ペロリとご完食(笑)

うん。確かにおいしかった。
脂がのってて、変な臭みはなくて。

~鮎の解禁日に見事ヒット!~


しかも私たちが宿泊した日は
長瀞の名物、鮎の解禁日だった!
鮎が出せない日は別の小魚だったらしい。

nonogaga003.jpg

すでに別の場所で鮎を食べていたけど
「今日が解禁日。ラッキーですね」
と言われた後、食べる鮎はまた格別。

実は今回の長瀞が、人生初の鮎。
ガブリとかぶりつくと、結構、厚みがあって
それでいて柔らかいから
フッカフカのソファーにダイブしたような
心地よい食感が口中に広がる。

脂も乗ってた気がするな~。
そんな比較できるほど鮎食べてないから
もしかすると、これが普通なのかもだけど。
とにかく美味しいってことです。

~長生館の食事はボリューム満点~



刺身に鮎に・・と魚を食べつくした後
最後は肉料理がどどーっとやって来た。

nonogaga004.jpg

手前の陶器に入っているのは和牛。
奥の銀の鍋は・・忘れました(笑)
でもイノシシとか鹿みたいな
普段は食べないお肉だったのは間違いないっす。

かなり満腹になりました。
そういえばじゃらん宿泊プランの中に
「食事のボリュームは減らして、質を良くする」
ってプランもあったから食欲に自信がない女性は
こちらの方が良いかもしれない。

食欲だけが取り柄の私たちにはちょうど良かったです。

長生館ではコーヒー(紅茶も?)の1杯無料サービスがあるので
(宿泊プランごとに違いはあるかも。なかったら、すみません)
囲炉裏庵を出た後は、食堂でコーヒーをゆっくり頂きました。

長生館は温泉も勿論、良いのですが
食事も良いです。
特にめったに旅館に泊まらない私たちには
多大なインパクトを与えてくださいましたとさ。
ちなみに・・長生館のHPはこちらからいけます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
最後までお付き合い頂き、ありがとうございます。


人気ブログランキングへ
同時進行で、動画作成中です。


新しいソフトにあたふたしてます。もうしばらく、長瀞話にお付き合いください。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Page.177

~長瀞の極上旅館でゆっくり過ごす母娘旅行~


約2週間ぶりの更新です。
今回からしばらくは、長瀞観光について
ピックアップしていきたいと思います。
(その間に動画を作り貯めたいのです)

naga001.jpg


長瀞には人生初の母娘旅行として行きました。
元々は母が希望していた箱根に行く予定だったのですが
箱根山噴火にて、観光できる範囲が限られてしまうことから断念。
(行くからには全部巡りたかったらしい)

ほかの旅先として京都や金沢が候補に挙がったけれど
遠方だとタイトなスケジュールになって
普段外出をしない母からすると

「くつろぎに行ったのか、あたふたしに行ったのか」
となるので、こちらも断念。

そこで候補に挙がったのが、秩父の長瀞!

確かに巨大観光スポットと比べると
観光名所は少ないかもしれない。
でも、全くないわけではないし
なにより自然が美しい!

そして、秩父は何気にクオリティ高い旅館が多い!



観光は最小限にして、極上の宿に泊まって
徹底的に旅館を楽しみつくそう!ということにしたのでした。

naga00.jpg


そんなわけで、長瀞駅到着。関東の駅100選です。
木造の古き良き美しき駅舎にウットリしました。


~長瀞屈指の旅館『花のおもてなし 長生館』へ~




宿泊先は『花のおもてなし 長生館』。
長瀞駅から徒歩約3分の旅館です。ちかっ!
創業100年で、あの皇后美智子さまも泊まったのだとか。

naga002.jpg

長生館で1番人気という
14畳のレトロモダンな和室に宿泊。
1人旅なら絶対、泊まらないリッチな部屋に私も大興奮(笑)

naga003.jpg

2人分の椅子が至る所に用意されていて
「さあ、お好きな所でおくつろぎ下さい」
というお気遣いがうかがえる。

naga004.jpg

なんと、バルコニーにまで2人分の椅子が!
目の前は長瀞ライン下りの川が流れ
新緑も美しい・・・・

万が一、虫が飛んできたときのために
蚊取り線香まで用意して下さってました。さすがです。
(真ん中のテーブルにある緑の陶器に入ってました)

そして、何よりこの客室の目玉は
この部屋のための露天風呂!!



naga005.jpg

きれいですよね!!
さすがに2人では入れないサイズだけど

きれいな緑に包まれ、川のせせらぎを聞きながら
夜には星空を見上げ
朝には太陽が昇るのを小鳥と一緒に眺めながら

ゆっくり湯に浸かるのは、極上の幸せでした。

もうひとつ感激したのは洗面所!
写真じゃ分かりにくいのですが
洗面台が2台あるのですよ!こんなの初めて!
(私だけかしら?)

naga006.jpg

カラフルなタオルが置いてある茶色い台はタンスになっていて
充実したアメニティーやドライヤーなどが
装備(?)されていました。


「部屋の居心地が良すぎて
どこにも行く必要ないね~」
なんて言いながら、母とゴロゴロ。

しかし、そこは庶民。
あれだけ、たくさん用意されていた椅子を一切使わず
座布団を折り曲げ枕にして
畳に寝転がっていたのでした(笑)
せっかくの高級感が・・・。

今回はこの辺で。
次回は長生館での食事について書いていきたいと思います。
ちなみに・・・『花のおもてなし 長生館』のHPはこちらから。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
長文に最後までお付き合い頂き、ありがとうございます。


人気ブログランキングへ
今人気の母娘旅や女子旅の行き先に困った時に、参考になったら光栄です。


7月は更新ペースを上げられるよう、頑張ります!
このエントリーをはてなブックマークに追加

かのえかな

Author:かのえかな
在住地:埼玉県
年齢/性別:腰痛持ちのアラサ―女性(独)
旅行以外で好きな物:野球観戦、音楽(ジャンル問わず、懐メロ系)、読書

【旅先で注目するもの】

→ご当地マンホール、百貨店、スーパーマーケット
→食べ歩きできるご当地グルメorB級グルメ
→地方紙の新聞社の本社
→町に住む猫
→神社やお寺、公園、庭園

【電車旅にハマったきっかけ】

→パニック障害の治療の一環で電車に乗る練習をしたことから。(今も新幹線は苦手・・・)

【旅のコンセプト】

→お金をかけない。
→駅を基点に歩ける範囲で。(例外あり)

【ブログ運営の目的】

→大型観光地のみならず、身近な場所にも楽しめる場所があることを自身が感じつつ、伝えたい。
→駅を基点に、その地域ならではの「普通」を堪能しつつ、伝えたい。
→パニック障害や心の病で外出が困難な方に、近場からでも
外に出る楽しさを取り戻して頂けたら・・・。

【夢や目標】
→一生かかってでも、日本中の駅を訪ね、散策してみたい。
→コミュニケーション能力を磨いて旅先の方との会話から
地域の情報を得られるようにしたいです。

動画、ブログ、共に探り探りの状態での更新ですが
よろしくおねがいします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。