QLOOKアクセス解析
2017 / 08
≪ 2017 / 07 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - 2017 / 09 ≫
Page.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Page.178

今回も予告通り母娘旅編です。
前回は長生館の露天風呂つき客室を
ピックアップしたので
今回は、長生館でのお食事について
書こうかと思います。

~長生館でのお食事は部屋食か個室レストラン~


nonogaga001.jpg

私は今回の宿泊を「じゃらん」で予約したのですが
その際、一応の希望として
部屋食かレストランかで選べるようになってました。

めったに経験できない「部屋食」を選んだのですが
宿泊数日前に長生館から電話がきて、わざわざ
「部屋食は難しいのですが、よろしいですか?」
とご確認の連絡をしてくださったのでした。

注意書きに一応と書いてあったのだから
どちらでも大丈夫なのに・・親切。
さすがっす。

~長生館で「鯉のあらい」を初体験~


ってことで、温泉を楽しみつくした後
レストランへ向かう私たち。

部屋から歩いて2、3分の場所だけど
そこまでの景色がまた綺麗で
母娘そろって写真撮りまくりでした(笑)

それにレストランといっても、完全な個室。
結局、部屋食たいなものだ。

入り口でスリッパを脱いで入ると
目の前には昔話に出てきそうな囲炉裏が現れた。
そういや名前は『囲炉裏庵 花水木』だもんな。

スタッフさんは皆、気さくで親切。
マニュアル通りのこと言ってる感じではなく
堅苦しくないから、こちらも接しやすい。

雑談しながら部屋に通してもらい
さっそく食事開始。
メニューについてはスタッフさんが
丁寧に説明してくれます。

部屋の美しさや料理のボリュームに
母はとっても驚いて
そりゃもう「高かったんじゃないの?」と
料金まで気にするほど驚いてました(笑)

nonogaga002.jpg

そんな雰囲気にのせられてか
以前テレビで見た時には
「引くわ~。絶対、食べれない」
とまでディスっていた鯉のあらいも
ペロリとご完食(笑)

うん。確かにおいしかった。
脂がのってて、変な臭みはなくて。

~鮎の解禁日に見事ヒット!~


しかも私たちが宿泊した日は
長瀞の名物、鮎の解禁日だった!
鮎が出せない日は別の小魚だったらしい。

nonogaga003.jpg

すでに別の場所で鮎を食べていたけど
「今日が解禁日。ラッキーですね」
と言われた後、食べる鮎はまた格別。

実は今回の長瀞が、人生初の鮎。
ガブリとかぶりつくと、結構、厚みがあって
それでいて柔らかいから
フッカフカのソファーにダイブしたような
心地よい食感が口中に広がる。

脂も乗ってた気がするな~。
そんな比較できるほど鮎食べてないから
もしかすると、これが普通なのかもだけど。
とにかく美味しいってことです。

~長生館の食事はボリューム満点~



刺身に鮎に・・と魚を食べつくした後
最後は肉料理がどどーっとやって来た。

nonogaga004.jpg

手前の陶器に入っているのは和牛。
奥の銀の鍋は・・忘れました(笑)
でもイノシシとか鹿みたいな
普段は食べないお肉だったのは間違いないっす。

かなり満腹になりました。
そういえばじゃらん宿泊プランの中に
「食事のボリュームは減らして、質を良くする」
ってプランもあったから食欲に自信がない女性は
こちらの方が良いかもしれない。

食欲だけが取り柄の私たちにはちょうど良かったです。

長生館ではコーヒー(紅茶も?)の1杯無料サービスがあるので
(宿泊プランごとに違いはあるかも。なかったら、すみません)
囲炉裏庵を出た後は、食堂でコーヒーをゆっくり頂きました。

長生館は温泉も勿論、良いのですが
食事も良いです。
特にめったに旅館に泊まらない私たちには
多大なインパクトを与えてくださいましたとさ。
ちなみに・・長生館のHPはこちらからいけます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
最後までお付き合い頂き、ありがとうございます。


人気ブログランキングへ
同時進行で、動画作成中です。


新しいソフトにあたふたしてます。もうしばらく、長瀞話にお付き合いください。
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事へコメントする















かのえかな

Author:かのえかな
在住地:埼玉県
年齢/性別:腰痛持ちのアラサ―女性(独)
旅行以外で好きな物:野球観戦、音楽(ジャンル問わず、懐メロ系)、読書

【旅先で注目するもの】

→ご当地マンホール、百貨店、スーパーマーケット
→食べ歩きできるご当地グルメorB級グルメ
→地方紙の新聞社の本社
→町に住む猫
→神社やお寺、公園、庭園


【旅のコンセプト】

→お金をかけない。
→駅を基点に歩ける範囲で。(例外あり)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。