QLOOKアクセス解析
2017 / 09
≪ 2017 / 08 - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 2017 / 10 ≫
Page.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Page.190

~日の出駅・・独り身には危険な場所~


芝浦ふ頭駅で下車して
レインボーブリッジでウォーキングを満喫した後
ルンルン気分で降りた、ゆりかもめ「日の出駅」。
(芝浦ふ頭駅エピソードはこのリンクから)

時間も体力も芝浦ふ頭駅でたいぶ消耗してしまったから
日の出駅では、目的もなく軽く周辺を歩くことに。

これが独り身には危険すぎるアドベンチャーになるとは
思いもしませんでした・・・。

hinoe001.jpg

日の出駅は平成7年に開業したばかりの新しい駅。
大正時代に建設された「日の出ふ頭」がその名前の由来らしい。

駅周辺には青く広がる東京湾と
首都高速1号羽田線とオフィスビル以外
正直、これといってチェックしておきたい
名所や観光スポットはない印象。

見どころと言ったら
クルージングで有名な日の出桟橋くらいか・・
というわけで、軽い興味で行ってみることにした。

~日の出桟橋でクルージングを眺める~


日の出桟橋、シンフォニー乗り場に到着。
・・さっそく、はとバスの大群を発見。

hinoe002.jpg

どうやら観光客に大人気の様子。
キレイな服をまとってキャッキャと笑う人たちの声が
あちこちで聞こえる。

hinoe003.jpg

これまた優雅な船ですね。
まあ、私は乗らないで眺めるだけなんですけど。

後日、シンフォニーの料金や運行時間を調べてみたところ
「ランチ」「アフタヌーン」「サンセット」「ディナー」と
4タイプあるらしい。

タイプによって運行時間は違うけど
最短のアフタヌーンで50分、最長のディナーが150分とのこと。
乗船だけなら3000~4000円くらいでOKだけど
(アフタヌーンなら1500円)

お食事がつくと・・うんって感じです。
セレブの遊びだわ。私には無縁だったわ。
日の出駅からのクルージング・シンフォニーのHP

東京湾はレインボーブリッジからいっぱい眺めたし
別に日の出桟橋から改めてみる必要ないし
これ以上ここにいたら、場違い感ハンパないし(←本音)
早々、この場を立ち去ることに。

~突然の大量の風船に驚く~


これ以上、行き場がないな・・どうしようか?
そんなことを考えながら歩いていると
突如、大量の風船がフワフワ飛んできました。

風船の出どころへ向かって
歩を進めていくと
ホテルのそばにあるフレンチレストランに到着。

hinoe004.jpg

多分、イヤ絶対、結婚式の二次会だと思う。
個人の誕生日で、ここまで大量の風船飛ばすわけないもんな。

またしても、幸せオーラ・プンプンの予感(笑)
そしてレストランの横を見てみれば、大きなホテルが。
「インターコンチネンタル東京ベイ」でした。



5000円以上のホテルに泊まることが贅沢な私には
プンプン漂う、高級ホテル感
人生1度でいいから泊まってみたいね、こんなホテル。

ホテルの隙間をぬうように
ブラブラと歩いていたら
今度は素敵なビュースポットが現れました。

竹芝小型船ターミナルです。

~デートに◎竹芝小型船ターミナル~


都会のオアシスとでも言うべき
自然が調和した美しい庭園。
それが「竹芝小型船ターミナル」。

hinoe005.jpg

きれいな石段を昇っていくと
東京湾を見渡せるビュースポットが広がります。

至る所にベンチも設置されているので
ゆったりした時間を過ごすのにピッタリ。
そして、人が多すぎないのも良い!


ここ・・めちゃめちゃデートにピッタリじゃん!


それが1番の感想です。
本当、独りでいるのがもったいなくなりました(笑)

全体的に、アレですね。
日の出駅は、いわゆる「リア充」のための駅ですね。
独りでプラプラ歩くと
ちょっと虚しくなるかもしれません
逆に言うと、東京観光にはピッタリです。



竹芝小型船ターミナルからの東京湾の眺めは
動画からチェックしてみてください。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
最後まで読んで頂き、ありがとうございます。


人気ブログランキングへ
「リア充」と程遠い位置にいるせいか、「充」という字が単漢字で変換できない(´・ω・`)


「充実」と入力した後、「実」を消すという作業が必要な自分に、さらに虚しさ募るのでした。
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事へコメントする















かのえかな

Author:かのえかな
在住地:埼玉県
年齢/性別:腰痛持ちのアラサ―女性(独)
旅行以外で好きな物:野球観戦、音楽(ジャンル問わず、懐メロ系)、読書

【旅先で注目するもの】

→ご当地マンホール、百貨店、スーパーマーケット
→食べ歩きできるご当地グルメorB級グルメ
→地方紙の新聞社の本社
→町に住む猫
→神社やお寺、公園、庭園


【旅のコンセプト】

→お金をかけない。
→駅を基点に歩ける範囲で。(例外あり)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。