QLOOKアクセス解析
2017 / 10
≪ 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2017 / 11 ≫
Page.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Page.224

tounobi001.jpg

先に言っておきます。
今回長いです。2駅分なので。
長時間お付き合い頂くこととなりますが
よろしくお願いします。

先日の記事のいきさつで今年もやってきた仙石線。

新駅舎を祝う目的の裏で
私はもうひとつのミッションを自分に課していた。

それは美味しいラーメンを食べること

ターゲットのお店は「えんまん亭」。


某口コミサイトに
松島名物の牡蠣がたっぷり入った
ラーメンの写真があって一目ぼれしたのでした。

昨年、松島訪問したとき牡蠣食べ損ねたし
今年こそ絶対食べなきゃ!

ただ、調べてみると
えんまん亭の最寄り駅は
東名駅という説と野蒜駅という説が。

そこで私は
手前にある東名駅で下車し
お店を探しつつ野蒜駅まで歩こう・・そう思ったのです。

そんな訳で東名駅。



tounobi002.jpg

ピッカピカの新駅舎!
落ち着いたブラウンが
駅周辺の自然と見事に調和してます。

tounobi003.jpg

改札の横には券売機と待合室。
チャームポイントは奥にあるプロペラ式の換気扇です。

そして、いよいよ歩きだす訳ですが

絶賛☆復旧中のエリアなので
グーグルマップが全く当てにならないことが判明。

tounobi006.jpg

地図だと、東名駅を出て左折後
東名運河を渡った先に
えんまん亭があることになってますよね。

でも実際は、東名運河を渡る必要はなかったんです。

tounobi061.jpg


こちらは東名駅にあった地図。
この通り、えんまん亭は
東名運河沿いにあることが
現地に着いて始めて分かりました。

tounobi004.jpg

こちら東名駅前の道路。
駅前を左折して東名運河っていっても
いったいどこに左折する道があるのか?
って感じですよね。

雨天だし、ルートは間違えたくない。

悩み抜いた結果、駅から一番手前にある
右折する小道を歩くことに。
その結果、高架橋をくぐり大きな通りに出ることができました。

tounobi005.jpg

地図はないけど
方角的に駅舎に背を向けて歩くと
東名運河があることだけは分かってます。

高架橋をくぐることで
駅舎に背を向けることは達成したから
あとは勘で歩くしかないです。

雨天で人が少ないし、薄暗いし、寒いし
地図も頼れないしで
ドキドキした幕開けとなりました。

tounobi007.jpg

雨脚が強くなったので公園でちょっと雨宿り

グーグルマップ当てにならんと言いつつも
多少は心の拠り所にしてたので
現在地のチェックを試みる。

公園の名前を入れたら
だいたいどの辺にいるか特定できるだろう。

そう思い
公園の名前を調べたとき気付いた。
この公園、名前がない。

ここらへん、公園に限らず
電柱の住所表示など
住所が分かるものがないのだ。

名無しの公園・・。
これも震災が影響しているのかな?
ふと、そう思ったのでした。

その後、東名運河を発見し念願のえんまん亭に到着。

tounobi008.jpg

お店に入ると
店内では地元の常連客っぽい男性数名が
焼き肉を食べてらっしゃいました。

「お~い。お客さん来たよぉ~」

と厨房にいる店員さんを呼んでくださり
テーブル席に通してもらい
さっそく注文。

tounobi009.jpg

メニューを見たら
カキラーメンが期間限定となってたので

「カキラーメンって、今食べられますか?」
と確認したところ、9月はアサリと判明。

(多分)ショックをモロに顔で表してしまったらしく
店員さんに、ものすごい勢いで謝られてしまいました。

会話の中で
「どこから来たの?」と聞かれ
「埼玉です」と答えたら
店員さんもモロにショックの表情!

多分、2人して

( ゚д゚)ポカーン



って顔になってたと思う。

tounobi010.jpg

テーブルにはこんなものがありました。
東松島市の東日本大震災の様子が分かる
サイトがあるそうです。
英語バージョンの案内もありました。

スマホのバッテリーが限界で
私は見れませんでした。申し訳ない。

tounobi011.jpg

アサリラーメンのご到着です。

ご丁寧に殻取り用の小皿と
手が汚れたとき用のお手拭きつき。

店員さんに
「美味しく食べるコツは先に全部殻をとること」
と教えてもらったので、実践。

tounobi012.jpg

殻の取り忘れがないように
ビフォーアフターできっちり左右に分けています。

ツルツルした黄色い麺はたまご麺でしょうか?
素朴さ漂う美味しい麺です。
そして、スープはアサリのダシたっぷり。
良い感じに塩味が効いてます。

海の近くのラーメンって感じで
海なし県在住の私には新鮮でした。

tounobi015.jpg

カキラーメンの時期に再訪する約束をして
野蒜駅まで出発

1年ぶりの東名運河との再会です。

tounobi013.jpg

こんな青看板を発見。
奥松島、近くにあるんですね。

tounobi014.jpg

この道路を歩けば奥松島らしいけど
時間も体力も余裕がない。
残念ながら断念。

tounobi016.jpg

ついに野蒜駅の看板を見つけました。

「あと少し」と自分を励ましながら
歩を進めます。

tounobi0174.jpg

線路を発見。
東名運河の近くということから
昔の仙石線の線路と思われます。

tounobi018.jpg

すっかり草に覆われています。
この線路をたどっていけば
野蒜駅の旧駅舎に辿り着くのかな?

本当は旧駅舎も訪問したかったのだけど
こちらも断念です。

tounobi019.jpg

モクモクと歩いていると
こんな建物に遭遇。

tounobi020.jpg

多賀城駅の散策で見たのと同じ
津波が来たことを記録する
青いステッカーです。

・・って高さが尋常じゃない。
疲弊した心身に、この衝撃。
体が鉛のように重くなりました。

実際に行ってみないと感じられない
心の揺さぶりがあるんだな、と実感。

tounobi021.jpg

ほの暗い気持ちを抱きつつ
日が暮れて暗くなってゆく
雨天の町を歩きます。

tounobi022.jpg

野蒜駅前の横断歩道に到着
ここからが実に厳しかった!

tounobi023.jpg

この通り、長い長い道のりが待っています。

tounobi024.jpg

しかも、この小高い丘を
ぐるりと回るようにして登って行くのです。

「寝坊しちゃったから駅まで走らなきゃ☆」

なんて、しようものなら
確実に遅刻するでしょう。

上り坂を歩きつつ
「ぜって~津波に負けないぞ」
という野蒜駅の気合みたいなものを感じました。

tounobi025.jpg

やっとのことで野蒜駅到着。


東名駅に形は似てますがこちらはシマシマ模様です。

ずいぶん立派な新駅舎になって・・(´;ω;`)

甥っ子や姪っ子が成長した姿を見たときのような
ウルッとくる感動を抱いてしまいました。

まあ、甥も姪もいた経験ないんですけど。

tounobi026.jpg

1階は改札と窓口
2階には待合室がありました。

現在、窓口営業は9:00~16:50までらしく
到着時は無人駅となってました。

駅にいるのは私一人。
新築の良い匂いを遠慮なく
嗅がせてもらいました(笑)

tounobi027.jpg

ホームへ向かうべく階段を下りる途中
窓が開いていたので、景色を眺めることに。

tounobi028.jpg

きれ~!!!


この景色で疲れが全部吹き飛びました。

奥松島の海が美しいです。
周囲を取り囲む緑と虫の声が、またいい味出してます。

天気が悪くてホームからの景色は見えにくかったですが
もう、この景色だけで満足です。

こんな感じで、どうにか終わった散策。
安達駅と多賀城駅と、すでに2駅散策していることと
天気の悪さがあって非常に疲れました(笑)


東名駅~野蒜駅間は、現在開発中だそうです。

どんな町になるのか?
また改めて訪ねたいです。
そのときには必ず、カキラーメンを・・(笑)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
最後まで読んで頂き、ありがとうございます。


人気ブログランキングへ
実はこのとき、奇跡的に両足スニーカーの靴底に穴あいてしまいまして
石やら雨水が入りまくりで大変でした。


写真撮っておけばよかったと後悔。
980円で買ったしまむらのスニーカー、気に入ってたんだよな~。
3年間、お疲れ様。今度2代目を買いに行こう。
関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事へコメントする















かのえかな

Author:かのえかな
在住地:埼玉県
年齢/性別:腰痛持ちのアラサ―女性(独)
旅行以外で好きな物:野球観戦、音楽(ジャンル問わず、懐メロ系)、読書

【旅先で注目するもの】

→ご当地マンホール、百貨店、スーパーマーケット
→食べ歩きできるご当地グルメorB級グルメ
→地方紙の新聞社の本社
→町に住む猫
→神社やお寺、公園、庭園


【旅のコンセプト】

→お金をかけない。
→駅を基点に歩ける範囲で。(例外あり)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。