QLOOKアクセス解析
2017 / 06
≪ 2017 / 05 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - 2017 / 07 ≫
Page.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Page.61

imajoo1.jpg

この駅を散策したのは
2013年の春の青春18きっぷの時。

初めて北陸本線に乗るにあたって
どの駅に途中下車するのがオススメか
ネットで検索してると

「特に何があるという訳じゃないけど街がすごく綺麗」

と書かれてたので気になったのだ。
そういう何となく気になる場所に
気軽に立ち寄れるのが18きっぷの良いところだ

imajoo2.jpg

今庄駅・・・駅の通路にやたらと
上の写真のような優しい言葉が貼られていて
そこにいるだけで胸があったかくなる。

待合所にはスト―プが置かれ
ぬいぐるみも置かれ
そんな素朴さが、より一層旅の疲れを癒してくれた。


HPが復活した所で、散策開始☆

駅前に案内板があったので
一通り見てみると
「歴史の町 今庄宿」の文字が。

ん?宿場町ってこと?
何もないんじゃないじゃん

imajoo3.jpg

今庄観光協会のサイトによると
今庄宿というのは・・・

北国街道・北陸道の難所であり、京または江戸へ行き来する人々が宿泊した宿場町であり
江戸時代を通じ宿場として越前でもっとも繁栄たのだそう。

町並みは約1キロメートルに及び、家屋が櫛の歯のようにぎっしりと立て込み
多くの造り酒屋、旅籠が集まったのだそうです。



木造の家屋が立ち並ぶ光景は本当に美しく
北陸のきれいな景色のイメージそのもの。

静かな町の中、水路を流れる水の音だけが響くのが
また心地よい。


こう言う場所はただ気ままに歩くだけで充分。
目的の無い散策にしよう。

imajoo4.jpg

写真は昭和会館。
登録有形文化財でありながら、町の公民館でもあるらしい。


歴史的価値のある建物が現代の住民の公共施設でもあるなんて
なんか贅沢だなあ~。
なんて思いながら玄関付近をうろうろ。


実は寒さの為、トイレに行きたかったのですが
建物に圧倒されて入れなかったのでした(^-^;)

wikiに書かれている脇本陣や京藤家は有名だから
あえて、ここではスルーして
そこには書かれてないけど、個人的に神秘的で
素敵だったと思った場所を書かせてもらいます。

imajoo5.jpg


適当に歩いてると、突然大きな
「白鬚神社」と書かれた
石の案内板(と書いていいのかな?)が・・・。

こ、こんな細い路地を歩くのか?
でも気になる。行ってみよう。

道なりに進むと見えてきたのは

imajoo6.jpg


長い長~い、石の階段。


うひょぉぉ。
運動部の方がうさぎ跳びとかしてそうな階段じゃないっすかぁ。

一瞬、いや二瞬くらいビビったけど
ここまで来て引き返したら勿体ない。
背中の荷物の存在感をひしひし感じながら上り始めた。

後になって分かったが、この神社
元は藤倉山という山のてっぺんにあったらしい
それが登山もせず参拝できるようになったのだから
ありがたいと思わねば。

imajoo7.jpg


どうにか本殿到着。

本殿の周りはきれいに雪かきされ
手水舎には親切にも手を拭く為のタオルまで掛けてあった。

参拝を済ませ、改めて周囲を見回す。
私以外誰もいない。静かな空間。

imajoo8.jpg

周りは大きな杉の木で囲まれている。
どうやら、この杉の木達
樹齢100年を超すような大先輩ばかりのようだ。


石の階段を上って林の中を少し歩いてみる。

澄んだ水の小さな沼や
ボロボロになって苔に覆われた
古い木の橋など(恐くて踏めませんでした)を
マジマジと見ながら

時折、杉の木の枝の隙間からこぼれる日の光を見上げると
なぜかすごく、神秘的な気持ちになった。

imajoo9.jpg


気の済むまで白鬚神社を堪能した後
今庄駅に戻る。

ちょうど、小学校の下校時刻だったみたいで
細い路地を歩いてたら
ひょこっと、ランドセルをしょった子どもたちが表れては

「こんにちは~。」

と、挨拶してくれた。


優しい言葉かけのある駅舎に
素朴で温かい雰囲気の漂う街並み
そして、見知らぬ大人にも挨拶してくれる子供たち。

あぁ、良い所に来たな~としみじみ(*^_^*)

個人的には
「ふるさと」という言葉のイメージに
ピッタリの場所だと思いました。

そして、こんな素敵な場所が本当にふるさとである
この子たちがちょっぴり羨ましくなったのでした。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
最後までお付き合い頂き、ありがとうございます。


人気ブログランキングへ
私は転勤族の子供で、しかも長く住んだのが埼玉県ということもあり


地方にふるさとがある方が、少し羨ましく感じることがあります。
埼玉好きだけど、東京から近過ぎる・・・(´・ω・`)
この気持ち分かる方、いらっしゃるかな?


関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事へコメントする















かのえかな

Author:かのえかな
在住地:埼玉県
年齢/性別:腰痛持ちのアラサ―女性(独)
旅行以外で好きな物:野球観戦、音楽(ジャンル問わず、懐メロ系)、読書

【旅先で注目するもの】

→ご当地マンホール、百貨店、スーパーマーケット
→食べ歩きできるご当地グルメorB級グルメ
→地方紙の新聞社の本社
→町に住む猫
→神社やお寺、公園、庭園

【電車旅にハマったきっかけ】

→パニック障害の治療の一環で電車に乗る練習をしたことから。(今も新幹線は苦手・・・)

【旅のコンセプト】

→お金をかけない。
→駅を基点に歩ける範囲で。(例外あり)

【ブログ運営の目的】

→大型観光地のみならず、身近な場所にも楽しめる場所があることを自身が感じつつ、伝えたい。
→駅を基点に、その地域ならではの「普通」を堪能しつつ、伝えたい。
→パニック障害や心の病で外出が困難な方に、近場からでも
外に出る楽しさを取り戻して頂けたら・・・。

【夢や目標】
→一生かかってでも、日本中の駅を訪ね、散策してみたい。
→コミュニケーション能力を磨いて旅先の方との会話から
地域の情報を得られるようにしたいです。

動画、ブログ、共に探り探りの状態での更新ですが
よろしくおねがいします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。